[事例ニュース]

森トラスト、業務プロセスの可視化・自動化プロジェクトを実施、稟議決裁や購買支払をデジタル化

2021年3月15日(月)IT Leaders編集部

不動産事業などを営む大手ディベロッパーの森トラストがデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環で、業務プロセスの可視化・自動化プロジェクトを実施した。稟議決裁や業務報告、一般購買支払いなどの業務をデジタル化し、作業時間を削減した。また、申請・承認などをリモートから実施できるようにしたことで、コロナ禍においても業務の生産性を維持できるようになった。業務プロセスを可視化・自動化するツールを提供した日本IBMが2021年3月12日に発表した。

 森トラストが、業務プロセスの可視化・自動化プロジェクトを実施した。以前から進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の一貫で、業務プロセス改革に着手。業務システム間の連携、自動化を図るとともに、業務がスムーズに流れるように制御する仕組みを目指した。

 ツールとして、日本IBMが提供する「IBM Blueworks Live」と「IBM Business Automation Workflow on Cloud」(BAW on Cloud)を導入した。協和エクシオがこれらの導入・構築作業を支援した。

 Blueworks LiveとBAW on Cloudは、IBM Cloud上で動作する、業務プロセス自動化による生産性向上を図るためのSaaS型サービスである。Blueworks Liveを使って業務プロセスを整理、分析し、プロセス全体を可視化する。Blueworks Liveで整理した業務プロセスを、BAW on Cloud上で実装・実行・管理し、SAPアプリケーションなど既存の基幹システムとリアルタイムにAPI連携する仕組みを構築した。

 一連の取り組みによって、稟議決裁や業務報告、一般購買支払いなどの業務をデジタル化し、作業時間の削減を図っている。また、申請・承認などをリモートから実施できるようにして、コロナ禍でも業務の生産性を維持するための環境を整えている。

関連キーワード

森トラスト / IBM / 不動産 / 業務プロセス / デジタルトランスフォーメーション

関連記事

Special

-PR-

森トラスト、業務プロセスの可視化・自動化プロジェクトを実施、稟議決裁や購買支払をデジタル化不動産事業などを営む大手ディベロッパーの森トラストがデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環で、業務プロセスの可視化・自動化プロジェクトを実施した。稟議決裁や業務報告、一般購買支払いなどの業務をデジタル化し、作業時間を削減した。また、申請・承認などをリモートから実施できるようにしたことで、コロナ禍においても業務の生産性を維持できるようになった。業務プロセスを可視化・自動化するツールを提供した日本IBMが2021年3月12日に発表した。

PAGE TOP