[新製品・サービス]

日程・予定調整サービス「スケコン」製品版、1対1や複数人の予定を自動調整

2021年4月7日(水)IT Leaders編集部

TIME MACHINEは2021年4月6日、日程・予定調整AIサービス「スケコン」の提供を開始した。1対1や複数人など参加人数に応じて、Googleカレンダーなどのサービスと連携し、自動で対象者の空き日時を抽出して調整する。2020年よりベータ版を提供しており、今回、機能を拡充した製品版として販売する。予定調整回数に応じて無料プランと有料プランを用意し、予定調整回数無制限の「ビジネスプラン」は月額990円となっている。

 TIME MACHINEの「スケコン」は、1対1から複数人までの予定を自動調整してくれる日程・予定調整サービスである(画面1)。Googleカレンダーなどのカレンダーサービスと連携し、自動で対象者の空き日時を抽出して調整する。会議や打ち合わせ、面談などの日程調整を容易に行えるとしている。

画面1:「スケコン」の入力画面(出典:TIME MACHINE)
拡大画像表示

 2020年のベータ版提供から1年で、約200社、8000人が利用しているという。今回、機能をアップデートして製品版の提供に至った。製品版では、Googleカレンダーに加えてOutlookカレンダーとの連携に対応し、オンライン名刺交換機能(アドレス帳機能)を追加。UI/UXも刷新している。

 Web会議システムとの連携機能も追加した。打ち合わせ日程の確定と同時に、Web会議システムのURLを自動発行する。Google Meet、Microsoft Teams、Zoomに対応している。

 製品版で有料プランを追加した。プランは予定調整回数に応じて3種類を用意している(いずれも招待された予定への回答は無制限)。予定調整回数が1カ月に4回までの「フリープラン」は無料。予定調整回数が月16回までの「スタンダードプラン」は月額660円。予定調整回数が無制限の「ビジネスプラン」は、月額990円となっている。

関連キーワード

TIME MACHINE / グループウェア / Web会議システム / Google Workspace / Teams / Zoom / Outlook / Microsoft 365

関連記事

Special

-PR-

日程・予定調整サービス「スケコン」製品版、1対1や複数人の予定を自動調整TIME MACHINEは2021年4月6日、日程・予定調整AIサービス「スケコン」の提供を開始した。1対1や複数人など参加人数に応じて、Googleカレンダーなどのサービスと連携し、自動で対象者の空き日時を抽出して調整する。2020年よりベータ版を提供しており、今回、機能を拡充した製品版として販売する。予定調整回数に応じて無料プランと有料プランを用意し、予定調整回数無制限の「ビジネスプラン」は月額990円となっている。

PAGE TOP