ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[調査・レポート]

国内でテレワークが普及し、Web会議/コンテンツ共有製品市場が急成長─IDC Japan

2020年の国内UC/コラボワークスペース市場は前年比8.7%成長

2021年5月17日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2021年5月17日、国内におけるユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の予測を発表した。2020年の国内UC/コラボレーティブワークスペース市場は、前年比成長率が8.7%、市場規模(売上額ベース)が4084億7800万円だった。Web会議やコンテンツ共有などのコラボレーティブワークスペース市場を中心に高い成長率で推移した。

 IDC Japanによると、2020年の国内UC/コラボレーティブワークスペース市場は、前年比成長率が8.7%、市場規模(売上額ベース)が4084億7800万円だった(図1)。2020年の同市場は、新型コロナウイルス感染症対策で急速に需要が増えたWeb会議やコンテンツ共有などのコラボレーティブワークスペース市場を中心に、高い成長率で推移した。

図1:国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測、2021年~2025年(出典:IDC Japan)図1:国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測、2021年~2025年(出典:IDC Japan)

 この一方で、中小企業や、流通/サービス/公共など対面を前提としてきた業務が多い業種では、在宅勤務の導入率が低い。また、IDCが実施した別の調査では、相手方との調整が必要な業務や、相手方の反応に応じて対応する必要がある業務においては、在宅勤務によって生産性が下がることが分かっている。

 2021年以降の市場の推移についてIDCは、リモートワークの適用範囲拡大、高度化、Web会議をはじめとした非接触の製品サービス、蓄積したデータの分析/活用需要の拡大によって、堅調に成長すると予測する。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR)は4.0%で推移し、2025年には4968億1500万円になるとしている。

 内訳として、国内UC市場は2020年~2025年におけるCAGRが0.9%で、2025年には1760億4100万円になる。国内コラボレーティブワークスペース市場は2020年~2025年におけるCAGRが6.0%で、2025年には3207億7400万円になる。これらの予測は、2021年3月末時点でのCOVID-19の影響と見通しを考慮している。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測、2021年~2025年』で詳細を報告している。調査レポートでは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場の2020年の実績と、2021年~2025年の市場予測を提供している。

関連キーワード

テレワーク / IDC

関連記事

Special

-PR-

国内でテレワークが普及し、Web会議/コンテンツ共有製品市場が急成長─IDC JapanIDC Japanは2021年5月17日、国内におけるユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の予測を発表した。2020年の国内UC/コラボレーティブワークスペース市場は、前年比成長率が8.7%、市場規模(売上額ベース)が4084億7800万円だった。Web会議やコンテンツ共有などのコラボレーティブワークスペース市場を中心に高い成長率で推移した。

PAGE TOP