[事例ニュース]

リクルート、社員向けのレジレスコンビニ店舗「BeeThere Go」を新社屋内にオープン

システムを提供した富士通が、レジレス店舗運営の技術にZippinを採用

2021年5月19日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リクルートは2021年5月19日、新社屋の事務所内(東京都千代田区)に、店舗からレジを廃した社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」をオープンした。レジレス店舗運営の技術に、Zippin(米Vcognition Technologies)を採用した。システムを提供した富士通が同日に発表した。

 リクルートは、同社の新社屋内に、店舗からレジを廃した社員向けコンビニエンスストア店舗「BeeThere Go」をオープンした(写真1)。入店後の来店客の動きや購入商品は、店内に設置したカメラや棚センサーでデータを収集し、クラウド上のAIで処理することで判別する「手ぶら決済」を実現している(関連記事斬新!レジレスのグローサラント「habitat」─シンガポール発新業態が示す小売業の未来)。

写真1:リクルートが新社屋事務所内にオープンさせたレジレス型の社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」の様子(出典:富士通)写真1:リクルートが新社屋事務所内にオープンさせたレジレス型の社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」の様子(出典:富士通)
拡大画像表示

 同店舗の利用者は、専用のスマートフォンアプリ「BeeThere Go」にクレジットカード情報を登録した後、アプリが表示するQRコードを入口ゲートのセンサーにかざして入店する。購入したい商品を手に取り、そのまま退店するだけで自動的に決済が完了する。退店後、スマートフォンに送られる電子レシートで購入履歴を確認できる(図1)。

図1:リクルートが導入したレジレスシステム「Zippin」の概要(出典:富士通)図1:リクルートが導入したレジレスシステム「Zippin」の概要(出典:富士通)
拡大画像表示

 店舗の販売施策を支援する機能も備える。管理Web画面において、月別/週別/日別に売り上げを確認でき、商品の価格変更といった業務をそこから行える。来店客のニーズにすばやく対応し、売れ筋商品を分析することができる。店舗スタッフの作業を省力化しながら、日々の売り上げに応じて柔軟な販売施策を建てられるようになる。

 レジレス店舗運営システムを富士通が提供した。Zippin(米Vcognition Technologies)の技術を採用している(関連記事富士通、レジなし小売店舗を実現するZippinのクラウドサービスを国内販売)。
 

関連キーワード

リクルート / Zippin / 富士通 / レジレス / 手ぶら決済 / コンビニエンスストア / 小売

関連記事

Special

-PR-

リクルート、社員向けのレジレスコンビニ店舗「BeeThere Go」を新社屋内にオープンリクルートは2021年5月19日、新社屋の事務所内(東京都千代田区)に、店舗からレジを廃した社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」をオープンした。レジレス店舗運営の技術に、Zippin(米Vcognition Technologies)を採用した。システムを提供した富士通が同日に発表した。

PAGE TOP