開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

サイボウズ、地方銀行にITコンサル専任チームを組織して中小企業のIT活用を支援

2021年5月28日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境「kintone(キントーン)」を提供しているサイボウズは2021年5月28日、地方銀行との協業による中小企業支援について発表した。地方銀行にITコンサルティングの専任チームを設置して中小企業のIT化を支援する形をとる。サイボウズは、地方銀行に対して、コンサルティング専門部隊の立ち上げを支援する。

 サイボウズの「kintone」は、クラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境である。業務用のWebアプリケーションを、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で手軽に開発できる。営業の案件管理やプロジェクトの進捗管理、タスク管理、社員の業務日報など、各種のWebアプリケーションをノンプログラミングで構築できる(関連記事サイボウズ、クラウド型の業務アプリ開発・実行環境「kintone」にIF関数を追加、表計算から移行しやすく)。

 サイボウズでは、kintoneで中小企業の業務をIT化する活動の一環として、地方銀行と協業している(図1)。地方銀行がITコンサルタントとなって銀行の顧客である中小企業の業務をIT化する、というシナリオである。ポイントは、顧客に対して外部のシステム構築会社を紹介するのではなく、地方銀行自らがITコンサルタントとして機能する点である。サイボウズは、地方銀行に対してコンサルティング専門チームの立ち上げを支援する。

図1:サイボウズは、kintoneで中小企業の業務をIT化する活動の一環として、地方銀行と協業している。地方銀行がITコンサルタントとなって銀行の顧客である中小企業の業務をIT化する(出典:サイボウズ)図1:サイボウズは、kintoneで中小企業の業務をIT化する活動の一環として、地方銀行と協業している。地方銀行がITコンサルタントとなって銀行の顧客である中小企業の業務をIT化する(出典:サイボウズ)
拡大画像表示

 現在、サイボウズが協業している地方銀行は7行である(伊予銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、十八親和銀行、鳥取銀行、福邦銀行、北國銀行)。中には、メンバー数15人を超えるコンサルティングチームを抱えている銀行もあるという。地方銀行によるコンサルティングの実績は、実働3年間で170社以上に上る。

●Next:地銀が行った地場中小企業へのIT支援の事例

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

サイボウズ / kintone / ITコンサルティング / 地方銀行 / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

サイボウズ、地方銀行にITコンサル専任チームを組織して中小企業のIT活用を支援クラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境「kintone(キントーン)」を提供しているサイボウズは2021年5月28日、地方銀行との協業による中小企業支援について発表した。地方銀行にITコンサルティングの専任チームを設置して中小企業のIT化を支援する形をとる。サイボウズは、地方銀行に対して、コンサルティング専門部隊の立ち上げを支援する。

PAGE TOP