コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

グループウェア「mitoco」新版、ワークフロー承認時の内容確認がチャットで可能に

2021年6月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テラスカイは2021年6月2日、Salesforce.comのシステム基盤を用いたSaaS型のグループウェア「mitoco(ミトコ)」をV14.0にバージョンアップした。新版では、ワークフローの承認画面にチャット機能を追加した。申請内容をチャットで確認できるようになった。

 テラスカイの「mitoco」は、Salesforce.comのシステム基盤を用いたSaaS型のグループウェアである。カレンダー、承認ワークフロー、掲示板、トーク(チャット)、ToDo(タスク管理)、文書管理(ファイル共有)、アドレス帳、顧客管理、などの機能を提供する。

 新版では、承認ワークフロー画面にチャット機能を追加した。申請者に対して、どのタイミングでもワークフロー画面内でコミュニケーションがとれるようになった。承認・否認する前に、申請内容をチャットで確認できる。従来は、承認時、否認時、回覧確認時に合わせてしかコメントできなかった(画面1)。

画面1:申請内容について問い合わせができるチャット画面を追加した(出典:テラスカイ)画面1:申請内容について問い合わせができるチャット画面を追加した(出典:テラスカイ)
拡大画像表示

 掲示板機能も強化した。掲示作成時にカテゴリを選択すると、該当カテゴリの掲示を見ることができるユーザーやロール(役割)、公開グループを確認できる。自分の投稿が誰に表示されるかを確認した上で、適切なカテゴリを選べる(画面2)。

画面2:自分の投稿が誰に表示されるかを確認した上で、適切なカテゴリを選べる(出典:テラスカイ)画面2:自分の投稿が誰に表示されるかを確認した上で、適切なカテゴリを選べる(出典:テラスカイ)
拡大画像表示

 新版では、トーク(チャット)機能も強化した(画面3)。1つのコメントに複数のファイルを添付できるようにした。これまでは、1つのコメントに対して1つのファイルしか添付できなかった。新版では、1つのコメントに最大10個のファイルを添付できるようになった。

画面3:トーク(チャット)画面では、1つのコメントに最大で10個のファイルを添付できる(出典:テラスカイ)画面3:トーク(チャット)画面では、1つのコメントに最大で10個のファイルを添付できる(出典:テラスカイ)
拡大画像表示

 mitocoの価格(税別)は、ユーザー数が300人以下の場合、1ユーザーあたり月額800円で、最小契約数は5ユーザーとなっている。ユーザー数301~1000人の場合、1ユーザーあたり月額700円で、1001人以上の場合の月額は要問い合わせ。

関連キーワード

テラスカイ / mitoco / グループウェア / ワークフロー / テレワーク / ペーパーレス / SaaS

関連記事

Special

-PR-

グループウェア「mitoco」新版、ワークフロー承認時の内容確認がチャットで可能にテラスカイは2021年6月2日、Salesforce.comのシステム基盤を用いたSaaS型のグループウェア「mitoco(ミトコ)」をV14.0にバージョンアップした。新版では、ワークフローの承認画面にチャット機能を追加した。申請内容をチャットで確認できるようになった。

PAGE TOP