[新製品・サービス]

スーパーストリーム、銀行の入金取引明細を会計ソフトに取り込むサービスを提供

Moneytree LINKを使って1100以上の金融機関から情報を取得

2021年6月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

スーパーストリームは2021年6月8日、会計ソフトウェア「SuperStream-NX 統合会計」のオプションとして、金融機関の入金取引明細情報をSuperStream-NXに取り込めるサービス「SuperStream-NX APIサービス 銀行口座API」を発表した。2021年6月上旬から提供する。価格(税込み)は、年額22万円で、導入費用が別途必要。販売目標は、 2021年末までに1万社。

 スーパーストリームは、会計ソフトウェア「SuperStream-NX 統合会計」のオプションとして、金融機関の入金取引明細情報をSuperStream-NXに取り込めるサービス「SuperStream-NX APIサービス 銀行口座API」を開始する。SuperStream-NX 統合会計上では、入金一覧画面から入金伝票を起票したり、債権との消込み処理を行える。

 金融機関から入金取引明細を取得する仕組みとして、金融データ基盤サービス「Moneytree LINK」(マネーツリーが提供)を利用する。Moneytree LINKを介することで、全国1100以上の金融機関を対象に、入金取引明細情報を加工/編集することなくSuperStream-NXに取り込める。

 SuperStream-NXは、企業のバックオフィスの中核業務(財務会計、人事/給与)をカバーする業務アプリケーションである(図1)。注力する機能として、紙資料の電子化、システム間連携、FinTechによるペーパーレス/業務効率化などを挙げている。スーパーストリームは今後、金融機関とのデータ連携のニーズが高まりに合わせて、入金取引明細情報の取り込みだけでなく、 公共料金の仕訳などの機能も検討していく。

図1:SuperStream-NXの概要(出典:スーパーストリーム)図1:SuperStream-NXの概要(出典:スーパーストリーム)
拡大画像表示
関連キーワード

スーパーストリーム / SuperStream-NX / Moneytree LINK

関連記事

Special

-PR-

スーパーストリーム、銀行の入金取引明細を会計ソフトに取り込むサービスを提供スーパーストリームは2021年6月8日、会計ソフトウェア「SuperStream-NX 統合会計」のオプションとして、金融機関の入金取引明細情報をSuperStream-NXに取り込めるサービス「SuperStream-NX APIサービス 銀行口座API」を発表した。2021年6月上旬から提供する。価格(税込み)は、年額22万円で、導入費用が別途必要。販売目標は、 2021年末までに1万社。

PAGE TOP