[新製品・サービス]

大塚商会、中小企業の経営指標をAIで分析する「大塚商会dotData AI分析サービス」を開始

データ分析モデル作成を自動化する「dotData」を活用

2021年6月17日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大塚商会、NEC、米dotDataの3社は2021年6月17日、中堅・中小企業の各経営指標を分析する「大塚商会dotData AI分析サービス」を共同開発したと発表した。大塚商会が同年6月21日に販売開始する。データ分析をAIで自動化するソフトウェア「dotData」を用いたサービスで、中小企業診断士によるコンサルティングサービスもオプションで提供する。販売目標として2022年末までに100社を掲げている。

 「大塚商会dotData AI分析サービス」は、大塚商会、NEC、米dotDataが共同開発した、中堅・中小企業の種経営指標をAIで分析するサービスである。データ分析をAIで自動化するソフトウェア「dotData」を活用し、オプションで、中小企業診断士によるコンサルティングサービスも提供する(図1)。

図1:3社によるサービス提供のイメージ(出典:大塚商会、NEC、米dotData)図1:3社によるサービス提供のイメージ(出典:大塚商会、NEC、米dotData)
拡大画像表示

 AIをデータ分析に適用できるかを判断するPoC(概念検証)フェーズを支援する。ユーザー企業の経営指標データを中心に、大塚商会のdotData環境を使って、専任のデータサイエンティストが分析し、分析結果をレポートとして提出する。PoCで生成したAIモデルは、大塚商会の環境を介して継続利用できる。

 価格(税別)は、AIモデルの生成・評価フェーズ(PoCフェーズ)の支援が、100万円からの個別見積もり。AIモデルを継続利用できるサービスの料金は、回数契約の場合、基本料が年額5万円で、1回あたり5~10万円。月間利用契約の場合、基本料が年額5万円で、利用料は月額10~50万円。中小企業診断士によるコンサルティングサービスは、個別見積もり。

 dotDataは、AIを活用した予測モデルの生成を自動化するソフトウェア(関連記事NEC、データ分析をAIで自動化する「dotData」のクラウド版「dotData Cloud」を販売)。従来、データサイエンティストが実施していた、データの準備、仮説の立案、機械学習、分析結果の説明などを自動化する。開発会社の米dotDataはNECが2018年4月に米国で設立した企業で、2018年7月からNECが国内で提供している。

関連キーワード

大塚商会 / dotData / NEC / データサイエンティスト / アナリティクス / 協業・提携

関連記事

Special

-PR-

大塚商会、中小企業の経営指標をAIで分析する「大塚商会dotData AI分析サービス」を開始大塚商会、NEC、米dotDataの3社は2021年6月17日、中堅・中小企業の各経営指標を分析する「大塚商会dotData AI分析サービス」を共同開発したと発表した。大塚商会が同年6月21日に販売開始する。データ分析をAIで自動化するソフトウェア「dotData」を用いたサービスで、中小企業診断士によるコンサルティングサービスもオプションで提供する。販売目標として2022年末までに100社を掲げている。

PAGE TOP