[新製品・サービス]

ネットアップ、統合ストレージ新機種「FAS2720A」を販売、中小企業向けに実効15TBで120万円

2021年6月17日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットアップは2021年6月17日、SAN/NAS統合ストレージ「FASシリーズ」に、実効容量15TBの最小構成モデル「NetApp FAS2720A」を追加し、同日販売を開始した。価格(税別)は120万円から。

 ネットアップの「NetApp FAS」シリーズは、SAN/NAS統合ストレージシステムである。FC(FibreChannel)/FCoEやiSCSIによるSANストレージ、NFSやCIFS/SMBによるNASファイルサーバーのいずれの構成でも使える。今回追加した「NetApp FAS2720A」は、データ重複排除/圧縮後の実効データ容量を15TBに抑えた最小構成モデルである(写真1)。

写真1:NetApp FAS2720Aの外観写真1:NetApp FAS2720Aの外観(出典:ネットアップ)

 OSソフトウェアは、上位機種と同じ「ONTAP 9」。インラインのデータ重複排除/圧縮、物理ディスク容量を超えるボリューム容量を設定可能なシンプロビジョニング、データのコピーを筐体内で作成するスナップショット、筐体間でのデータの同期/非同期レプリケーションなどの機能を備える。

 加えて、あまりアクセスしないデータをクラウドストレージへと退避させるILM(階層型ストレージ管理)機能や、ストレージの使用状況をAIで分析して推奨事項を自動で提示する「NetApp Active IQ」機能も用意する。

 マルウェア/ランサムウェア対策として、ふるまい検知型セキュリティ機能「Cloud Insights」をオプションで提供し、セキュリティインシデントの予兆を検知する。インシデントによる被害が発生した際は、スナップショットデータやレプリケーションデータを用いて復旧を行える。

関連キーワード

NetApp / NAS / SAN / 中堅・中小企業 / BCP/DR / シンプロビジョニング / 重複排除

関連記事

Special

-PR-

ネットアップ、統合ストレージ新機種「FAS2720A」を販売、中小企業向けに実効15TBで120万円ネットアップは2021年6月17日、SAN/NAS統合ストレージ「FASシリーズ」に、実効容量15TBの最小構成モデル「NetApp FAS2720A」を追加し、同日販売を開始した。価格(税別)は120万円から。

PAGE TOP