ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[事例ニュース]

テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワーク、NECネッツエスアイが実証を開始

2021年7月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECネッツエスアイは2021年7月20日、テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワークの実証を自ら開始すると発表した。オフィスワークの融合によってテレワークが抱える課題を解消する。IT技術として、Slackなどの既存のコミュニケーションツールのほか、米Kloudspotが提供するワークスペースサービス「KloudHybrid」を活用する。実証を通じて得た知見をもとに、米Kloudspotとともに、KloudHybridの新機能の開発を進める。

 NECネッツエスアイは、働き方改革の新コンセプトとして、テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワークの実証を開始する(図1)。リアル(人と人が出会うことで生まれる議論・共感)と、バーチャル(組織・会社・国境を越えて人がつながる)を融合することで、ハイブリッドワーク(場所・時間を超えてチームの共感を生み出しイノベーションを加速させる)を実現する、としている。

図1:テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワークの実証を始める(出典:NECネッツエスアイ)図1:テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワークの実証を始める(出典:NECネッツエスアイ)
拡大画像表示

 背景として同社は、テレワークの長期化によって、コミュニケーションや働き方に不安を持つ社員が増えている状況を挙げる。「リアルで会わないことによって人材育成に難が出ている。また、相談がしずらいほか、一体感や感情が伝わりにくく、熱い議論をしにくくなっている。出会いや仲間の広がりもなく、人とつながりにくい」(同社、図2)。

図2:テレワークが抱える課題の例(出典:NECネッツエスアイ)図2:テレワークが抱える課題の例(出典:NECネッツエスアイ)
拡大画像表示

 こうしたテレワークの課題を解消する手段として、オフィスワークを融合させたハイブリッドワークが有効だと同社は指摘する。ハイブリッドワークのコンセプトとして同社は、以下の3つの要素を挙げている(図3)。

  1. 企業内のコミュニティのあり方を変革し、人材成長促進の仕組みを構築する
  2. 同じ目的・課題を持つ人々が組織間・企業間の壁を超えてチーム形成できる仕組みを構築する
  3. デジタルとリアルを高度に融合し、イノベーションを起こす共創空間を創る
図3:ハイブリッドワークのコンセプトを構成する3つの要素(出典:NECネッツエスアイ)図3:ハイブリッドワークのコンセプトを構成する3つの要素(出典:NECネッツエスアイ)
拡大画像表示

 これらの要素を具現化するために、以下の5つの実証に取り組む。

●Next:ハイブリッドワーク実証の具体的な取り組み内容

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

NECネッツエスアイ / Kloudspot

関連記事

Special

-PR-

テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワーク、NECネッツエスアイが実証を開始NECネッツエスアイは2021年7月20日、テレワークとオフィスワークを融合したハイブリッドワークの実証を自ら開始すると発表した。オフィスワークの融合によってテレワークが抱える課題を解消する。IT技術として、Slackなどの既存のコミュニケーションツールのほか、米Kloudspotが提供するワークスペースサービス「KloudHybrid」を活用する。実証を通じて得た知見をもとに、米Kloudspotとともに、KloudHybridの新機能の開発を進める。

PAGE TOP