バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

ネットワールドがSupermicro製サーバーを販売、第1弾はデータバックアップ用パッケージ

2021年7月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワールドは2021年7月16日、米Super Micro Computer(日本法人:スーパーマイクロ)のサーバー製品の販売を開始した。第1弾として、データバックアップソフトウェア「Veeam Backup & Replication」を組み合わせたバックアップ用途のパッケージシステムの販売を同日に開始した。価格(税込み)はRAID5構成で容量40TB相当のバックアップ環境が248万円となっている。

 ネットワールドは、米Super Micro Computer(日本法人:スーパーマイクロ)のサーバー製品の販売を開始した。Supermicro製サーバーのラインアップには、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)やAI/マシンラーニング向けにGPUを搭載した製品や、組み込み/IoT向け、ストレージ構築向けの製品などがあり、用途に適した性能・機能のモデルを選択できる。

 国内提供にあたってネットワールドは、複数のモデルの中から、ユーザーの要件に適したモデルと構成を選定するサイジング作業を支援する。また、初期不良への対処として「出荷前エイジングサービス」を標準で提供する。同サービスでは、調達したサーバーに電源を入れて1~2日間、実際に稼働させて問題なく動くことを確認する。

 第1弾として、SSD搭載の大容量ストレージ構成が可能なストレージサーバーに、データバックアップツール「Veeam Backup & Replication」を組み合わせたバックアップ用途のパッケージシステムを用意した(写真1)。

写真1:ネットワールドが提供するバックアップサーバーの外観写真1:Supermicroバックアップサーバーの外観 (出典:ネットワールド)

 バックアップサーバー用途パッケージの主な構成は、表1のとおりである。

表1:ネットワールドが提供するバックアップサーバーの構成
ベースとなるサーバー機 Supermicro SSG-6029P-E1CR12T
CPU Xeon Silver 4210×2
メモリー 64GB
バックアップ用ストレージ 10TB×5(SAS接続HDD) RAID5構成、容量40TB相当
OSインストール用ストレージ 480GB×2(SATA接続SSD)
データバックアップソフトウェア Veeam Backup & Replication(サブスクリプション型×1ライセンス)
価格(税込み) 248万円
提供開始日 2021年7月16日
関連キーワード

ネットワールド / 米Super Micro Computer / Veeam Backup & Replication

関連記事

Special

-PR-

ネットワールドがSupermicro製サーバーを販売、第1弾はデータバックアップ用パッケージネットワールドは2021年7月16日、米Super Micro Computer(日本法人:スーパーマイクロ)のサーバー製品の販売を開始した。第1弾として、データバックアップソフトウェア「Veeam Backup & Replication」を組み合わせたバックアップ用途のパッケージシステムの販売を同日に開始した。価格(税込み)はRAID5構成で容量40TB相当のバックアップ環境が248万円となっている。

PAGE TOP