ブロックチェーン ブロックチェーン記事一覧へ

[市場動向]

ブロックチェーンで原料から製品まで追跡するサプライチェーン─三菱ケミカルなど3社が共同構築

2021年8月26日(木)IT Leaders編集部

大日本印刷、三菱ケミカル、リファインバースグループの3社は2021年8月25日、ブロックチェーンを用いてバイオマス/リサイクル原料製品の追跡を行うサプライチェーンの共同構築について発表した。同年9月末まで共同で実証試験を行う。サプライチェーンの構築には、オランダのサーキュライズ(Circularise)の情報管理システムを活用する。

 大日本印刷、三菱ケミカル、リファインバースグループの3社は、ブロックチェーンを用いてバイオマス/リサイクル原料製品の追跡を行うサプライチェーンの有用性を検証する。

 実証を行うサプライチェーンの構築には、サーキュライズ(Circularise)の情報管理システムを活用する。同社は、パブリックブロックチェーンを利用して原料から最終製品まで追跡するサプライチェーン追跡システムを提供する。独自の暗号化技術によってサプライチェーン内の各企業の機密情報や公開情報を管理・共有することができる(図1)。

図1:3社によるサプライチェーン構築に向けた実証の概要(出典:大日本印刷、三菱ケミカル、リファインバースグループ)図1:3社によるサプライチェーン構築に向けた実証の概要(出典:大日本印刷、三菱ケミカル、リファインバースグループ)
拡大画像表示

 実証実験の背景、課題を次のように説明している。「石油由来プラスチックの代替となるバイオマスやリサイクル原料などの活用には、原材料の使用量の管理や、認証材料などエビデンスの管理が重要である。また、各サプライヤーが排出するCO2などの可視化や、最終消費者への製品の環境配慮度の見える化も求められる」

関連キーワード

大日本印刷 / 三菱ケミカル / リファインバースグループ / エネルギー / トレーサビリティ

関連記事

Special

-PR-

ブロックチェーンで原料から製品まで追跡するサプライチェーン─三菱ケミカルなど3社が共同構築大日本印刷、三菱ケミカル、リファインバースグループの3社は2021年8月25日、ブロックチェーンを用いてバイオマス/リサイクル原料製品の追跡を行うサプライチェーンの共同構築について発表した。同年9月末まで共同で実証試験を行う。サプライチェーンの構築には、オランダのサーキュライズ(Circularise)の情報管理システムを活用する。

PAGE TOP