[新製品・サービス]

NEC、シミュレーテッドアニーリングのクラウドサービス「NEC Vector Annealingサービス」を開始

2021年9月1日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2021年9月1日、シミュレーテッドアニーリング利用サービス「NEC Vector Annealingサービス」を2021年11月に開始すると発表した。ベクトル型スーパーコンピュータを活用した量子インスパイア型のシミュレーテッドアニーリングマシンである。あわせて、量子コンピュータの概要やシミュレーテッドアニーリングマシンの使用方法などを学べる教育サービスも提供する。いずれも価格は個別見積もり。

 NECの「NEC Vector Annealingサービス」では、量子アニーリング処理に適した独自開発のアルゴリズムを組み込んだソフトウェアを、ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」上で動作させ、クラウドサービスとして提供する(関連記事NEC、デジタル処理のアニーリングマシンをベクトル型スパコンで高速化、2020Q1にサービス提供写真1)。

写真1:ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」の中核部品であるPCI Expressカード型ベクトルエンジンの外観写真1:ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」の中核部品であるPCI Expressカード型ベクトルエンジンの外観 (出典:NEC)

 開発したアルゴリズムは、実用場面の様々な制約条件を利用して、組み合わせ最適化問題に対する解の探索範囲を絞り込む。これにより、効率的に解を導ける。さらに、大容量メモリーで行列計算ができる「SX-Aurora TSUBASA」で動作させることで、大規模な組み合わせ問題を高速に処理する。

 SAマシンのクラウド提供にあわせて、量子コンピュータ関連の教育サービス「量子コンピューティング教育サービス」も提供する。企画部門向けに量子コンピュータの概要が学べる「基礎コース」(座学)と、システムエンジニア向けにアニーリングマシンのツールや使い方が学べる「実践コース」(座学+実践(集合))で構成する。

関連キーワード

NEC / SX-Aurora TSUBASA / 量子アニーリング / 量子コンピュータ

関連記事

Special

-PR-

NEC、シミュレーテッドアニーリングのクラウドサービス「NEC Vector Annealingサービス」を開始NECは2021年9月1日、シミュレーテッドアニーリング利用サービス「NEC Vector Annealingサービス」を2021年11月に開始すると発表した。ベクトル型スーパーコンピュータを活用した量子インスパイア型のシミュレーテッドアニーリングマシンである。あわせて、量子コンピュータの概要やシミュレーテッドアニーリングマシンの使用方法などを学べる教育サービスも提供する。いずれも価格は個別見積もり。

PAGE TOP