[新製品・サービス]

日立、「SAP HANAクラウドサービス」のGoogle Cloud版を2021年12月に提供

2021年10月6日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2021年10月6日、「SAP HANAクラウドサービス」のGoogle Cloud版を販売開始した。同年12月から提供する。同サービスは、SAP HANA基盤のアセスメント、設計、クラウド上での環境構築、運用管理までを提供するフルマネージド型サービスである。これまで日立のデータセンターからサービスを提供してきたが、新たにGoogle Cloud上での提供を追加した。

 日立製作所の「SAP HANAクラウドサービス」は、SAP HANA基盤の構築から運用までを一括して提供するフルマネージド型サービスである。日立ヴァンタラの子会社である仏オキシア(oXya)との連携によって、グローバルで統一したサービスメニューを提供する。ユーザーは、グローバル展開時に全社共通のサービスを導入できる(図1)。

図1:SAP HANA基盤の導入・構築支援「SAP HANAクラウドサービス」をGoogle Cloud上でも提供する(出典:日立製作所)図1:SAP HANA基盤の導入・構築支援「SAP HANAクラウドサービス」をGoogle Cloud上でも提供する(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 SAP HANAクラウドサービス提供の背景について日立は、SAP ERPの標準サポートが2027年に終了することを契機に、SAP S/4HANAへの切り替えが進んでいることを挙げる。日立は、S/4HANAの基盤であるSAP HANAの安定稼働に主眼を置いたSAP HANAクラウドサービスを提供している。「一方、ユーザー企業各社は現在、データをトリガーとした経営判断の迅速化が求められている。このため、多くの経営データを蓄積する基幹システムのパブリッククラウドへの移行が進んでいる」(同社)。

 こうした経緯から、今回、SAP HANAクラウドサービスをGoogle Cloud上で提供する。Google Cloudには、BigQueryやLookerなどのサービスがあり、S/4HANAをGoogle Cloud上で稼働することで、ユーザーは、需要予測や購買動向分析などのように、経営データを高度に分析しやすくなるとしている。

 日立は今後、Google Cloudで利用可能なBI(ビジネスインテリジェンス)機能を備えたデータ分析基盤であるLookerの提供など、基幹システムのデータ活用に向けたサービス群を拡充する。加えて、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure上からのサービス提供も計画している。

関連キーワード

日立製作所 / Google Cloud / HANA / S/4HANA / SAP / クラウド移行 / oXya / AWS / Azure / SAP2027年問題

関連記事

Special

-PR-

日立、「SAP HANAクラウドサービス」のGoogle Cloud版を2021年12月に提供日立製作所は2021年10月6日、「SAP HANAクラウドサービス」のGoogle Cloud版を販売開始した。同年12月から提供する。同サービスは、SAP HANA基盤のアセスメント、設計、クラウド上での環境構築、運用管理までを提供するフルマネージド型サービスである。これまで日立のデータセンターからサービスを提供してきたが、新たにGoogle Cloud上での提供を追加した。

PAGE TOP