開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

マクニカ、シーメンスのローコード開発基盤「Mendix」を販売、開発支援サービスも提供

2021年10月22日(金)IT Leaders編集部

マクニカは2021年10月21日、ローコード開発プラットフォーム「Mendix」(開発元:独Siemens)の販売を開始すると発表した。合わせて、Mendixをベースとしたローコード開発サービス「DSF-ローコード開発支援サービス(Mendix)」を提供する。

 マクニカの「Mendix」は、シーメンス(Siemens)が提供するローコード開発プラットフォームである。GUI操作でアプリケーションやシステムを開発できる。検討から開発までの社内コミュニケーションツールや、開発以降の運用環境までを含む。

 Mendixを導入することで、プログラミングのスキルを持たないビジネスユーザーも自社アプリケーション/システムの開発に参加できるようになる。システム内製化により、開発コストの削減や開発時間の短縮、運用保守コストの削減に寄与する。

 マクニカは、Mendixの販売と合わせて、Mendixをベースとしたローコード開発サービス「DSF-ローコード開発支援サービス(Mendix)」を提供する(図1)。初心者向けの技術研修のほか、スクラム開発の体験トレーニングを通じて人材を育成するプログラムを用意している。「実案件における自社メンバーとベンダーの混合チームによるスクラム開発を通じて、自社の人材を即戦力化する」(同社)。

図1:ローコード開発ツール「Mendix」と、Mendixを用いたローコード開発支援サービスを提供する(出典:マクニカ)図1:ローコード開発ツール「Mendix」と、Mendixを用いたローコード開発支援サービスを提供する(出典:マクニカ)
拡大画像表示

 提供にあたってマクニカは、「ローコード開発プラットフォーム/サービスを通じて、紙とExcelを使うような煩雑かつ非生産的な業務を大きく減らし、製造業の現場のデジタル化を推進する」としている。

関連キーワード

マクニカ / Mendix / Siemens / ローコード / 内製化 / 教育プログラム / 製造

関連記事

Special

-PR-

マクニカ、シーメンスのローコード開発基盤「Mendix」を販売、開発支援サービスも提供マクニカは2021年10月21日、ローコード開発プラットフォーム「Mendix」(開発元:独Siemens)の販売を開始すると発表した。合わせて、Mendixをベースとしたローコード開発サービス「DSF-ローコード開発支援サービス(Mendix)」を提供する。

PAGE TOP