[新製品・サービス]

物理サーバーのサブスクリプション「NEC Server subscription」、月額4万9800円で提供

NECデータセンター内のサーバーをベアメタル型IaaSのように利用可能

2021年10月25日(月)IT Leaders編集部

NECは2021年10月22日、サーバー月額利用サービス「NEC Server subscription」を発表した。NECのデータセンターに設置された物理サーバーを月額制で、ベアメタル型のIaaSと同様に利用できる。サービスの申し込みや監視機能などを備えたセルフサービスポータル、ハードウェア保守などもセットで提供する。価格(税別)は、初期費用が8万2000円で、月額4万9800円。最低利用期間は1年となっている。

 NECの「NEC Server subscription」は、NECのデータセンターに設置された物理サーバーを月額制で、ベアメタル型のIaaSと同様に利用できる。サービスの申し込みや監視機能などを備えたセルフサービスポータル、ハードウェア保守などもセットで提供する。サーバー障害が発生した場合は、NECデータセンターの保守員が対応する(図1)。

図1:NEC Server subscriptionの概要(出典:NEC)図1:NEC Server subscriptionの概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 NECの試算では、オンプレミスでサーバーを運用した場合、5年間のコストは保守費用やファシリティ料金を含んで約575万円で、月額換算だと約9万6000円になる。これに対して、NEC Server subscriptionは、初期費用が8万2000円で、月額4万9800円。5年間使った場合は307万円になる。

 サーバー機の仕様は、表1のとおり。基幹業務での利用も想定したスペックだとしている。

表1:NEC Server subscriptionのサーバースペック(出典:NEC)
スペック 仕様
CPU 3.8GHz、4コア
メモリー 32GB
HDD(システムディスク) 300GB(SAS)、RAID1
HDD(データディスク) 1200GB×2(SAS)
OS Windows Server 2019 Standard
関連キーワード

NEC / NEC Server subscription

関連記事

Special

-PR-

物理サーバーのサブスクリプション「NEC Server subscription」、月額4万9800円で提供NECは2021年10月22日、サーバー月額利用サービス「NEC Server subscription」を発表した。NECのデータセンターに設置された物理サーバーを月額制で、ベアメタル型のIaaSと同様に利用できる。サービスの申し込みや監視機能などを備えたセルフサービスポータル、ハードウェア保守などもセットで提供する。価格(税別)は、初期費用が8万2000円で、月額4万9800円。最低利用期間は1年となっている。

PAGE TOP