[事例ニュース]

顔認証でPCR検査陰性結果を確認─JALとNECが沖縄県石垣市で実証実験

2021年11月19日(金)IT Leaders編集部

日本航空(JAL)とNECは2021年11月18日、顔認証でPCR検査陰性結果を確認する実証実験を発表した。沖縄県石垣市において、2021年11月20日から2022年1月31日まで実施する。新石垣空港において、陰性証明書の確認の代わりに顔認証で本人確認を行うことで、市内の協力店で割引などの特典がある「あんしん島旅プレミアムパスポート」を受け取ることができる。

 日本航空(JAL)とNECは、顔認証でPCR検査陰性結果を確認する実証実験を実施する。沖縄県石垣市において、2021年11月20日から2022年1月31日まで実施する。新石垣空港において、陰性証明書の確認の代わりに顔認証で本人確認を行うことで、割引などの特典がある「あんしん島旅プレミアムパスポート」を受け取ることができる。対象となる八重山観光フェリーなどの店頭/店舗では、同パスポートの代わりに顔認証を行うことによって、割引などの特典やサービスを受けられる(図1)。

図1:実証実験の流れ(出典:日本航空、NEC)図1:実証実験の流れ(出典:日本航空、NEC)
拡大画像表示

 両社の実証実験は、PCR検査における陰性証明書の提示を顔認証に置き換えるものである。対象者は、JALが提供している有料PCR検査「JALあんしんPCRサポート」の利用者である。同検査は、採取した唾液を郵送して陰性だった場合は陰性通知書(PDF)をメールで受け取る自宅実施型で実施している。

 実証では、その陰性通知書(PDF)と顔画像をシステムに登録する。新石垣空港の到着ロビーに設置した顔認証端末を利用して、陰性通知書(PDF)を提示することなく「あんしん島旅プレミアムパスポート」を受け取ることができる(画面1)。

画面1:空港や店舗に設置した端末での顔認証画面(イメージ)(出典:日本航空、NEC)画面1:空港や店舗に設置した端末での顔認証画面(イメージ)(出典:日本航空、NEC)

 なお、あんしん島旅プレミアムパスポートの発行対象は、72時間以内のPCR検査または抗原検査の陰性証明、新型コロナウイルスワクチン接種証明(2回)のいずれかの書類を提示した旅行者である。

 JALとNECは、実証の結果を基に、顔認証という共通IDの利用エリアを、空港の外においても拡大する計画である。移動サービスや移動先でのパーソナライズされたサービスの提供に向けて取り組む。また、ワクチン接種証明も含めて顔認証で確認を行えるサービスの実用化も進めていくとしている。

関連キーワード

日本航空 / NEC / 顔認証 / 新型コロナウイルス / 沖縄県 / 石垣市 / 実証実験 / 運輸・交通 / 観光・旅行 / 航空

関連記事

Special

-PR-

顔認証でPCR検査陰性結果を確認─JALとNECが沖縄県石垣市で実証実験日本航空(JAL)とNECは2021年11月18日、顔認証でPCR検査陰性結果を確認する実証実験を発表した。沖縄県石垣市において、2021年11月20日から2022年1月31日まで実施する。新石垣空港において、陰性証明書の確認の代わりに顔認証で本人確認を行うことで、市内の協力店で割引などの特典がある「あんしん島旅プレミアムパスポート」を受け取ることができる。

PAGE TOP