開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTTデータ イントラマート、システム開発・運用基盤「intra-mart」のローコード開発機能を強化

必要項目入力の数分間で任意のアプリケーションを作成

2021年12月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ イントラマートは2021年12月1日、Webアプリケーション開発基盤ソフトウェア「intra-mart」のアップデート版(2021Winter版)をリリースした。アップデート版では新機能「Accel Studio」を追加し、ローコード開発機能を強化した。intra-martで利用できる各種のローコード開発コンポーネントを「業務アプリケーション」の単位でまとめて管理できるようにした。これにより、業務アプリケーションをより簡便に作成できるようにした。

 NTTデータ イントラマートの「intra-mart」は、Webアプリケーション開発基盤ソフトウェアである。Javaアプリケーションサーバーを中核に、Webアプリケーション構築に必要なミドルウェアを一式パッケージ化している。システム連携機能やワークフローエンジンなども標準で搭載する。ローコード開発機能も備えている。例えば、あらかじめ用意した「ワークフロー」などのテンプレートを選び、設定画面から細部を設定していくだけでWebアプリケーションを作成できる。

 今回のアップデート版(2021Winter版)では、intra-martのローコード開発機能を強化し、新たに開発ツール「Accel Studio」を追加した。Accel Studioでは、intra-martで利用できる各種のローコード開発コンポーネントを「業務アプリケーション」の単位でまとめて管理できるようにした。これにより、業務アプリケーションをより簡便に作成できるようにした。

 intra-martはこれまでも、各種ローコード開発機能によって、数時間程度でアプリケーションを作成できていた。Accel Studioでは、ローコード開発を強化し、「必要な項目を入力するだけの数分間で任意のアプリケーションを作成できるようにした」としている。さらに、作成後のメンテナンスも一元管理できるようになった。

 Accel Studioでは、業務シーンに適したテンプレートを選択し、必要な項目を入力するだけでアプリケーションを作成できる(画面1)。さらに、NTTデータイントラマートのクラウドサービス「Accel-Mart Quick」で先行リリース済みの業務テンプレートを新たに4つ拡充した(関連記事PaaS型のローコード開発・実行基盤「Accel-Mart Quick」、20ユーザーで月額1万5400円)。これらを活用することで、より高速にアプリケーションを作成できるようにした。

画面1:Accel Studioでアプリケーションを作成する際に選択できる業務テンプレートの一覧画面(出典:NTTデータ イントラマート)画面1:Accel Studioでアプリケーションを作成する際に選択できる業務テンプレートの一覧画面(出典:NTTデータ イントラマート)
拡大画像表示

 アプリケーションを構成する各種ローコード開発コンポーネントを管理する画面も備える(画面2)。これにより、Accel Studioで作成したアプリケーションの設定を変更したり、アプリケーションを改修したりできる。設定変更や改修の履歴も残る。必要に応じて、各種ローコード開発コンポーネントのインポートやエクスポート、アプリケーションの公開範囲の設定、一時閉鎖などができる。

画面2:Accel Studioのアプリケーション管理画面。アプリケーションを構成する各種ローコード開発資材を管理できる(出典:NTTデータイントラマート)画面2:Accel Studioのアプリケーション管理画面。アプリケーションを構成する各種ローコード開発資材を管理できる(出典:NTTデータイントラマート)
拡大画像表示
関連キーワード

intra-mart / Accel Studio / NTTデータ イントラマート / ローコード / 内製化

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ イントラマート、システム開発・運用基盤「intra-mart」のローコード開発機能を強化NTTデータ イントラマートは2021年12月1日、Webアプリケーション開発基盤ソフトウェア「intra-mart」のアップデート版(2021Winter版)をリリースした。アップデート版では新機能「Accel Studio」を追加し、ローコード開発機能を強化した。intra-martで利用できる各種のローコード開発コンポーネントを「業務アプリケーション」の単位でまとめて管理できるようにした。これにより、業務アプリケーションをより簡便に作成できるようにした。

PAGE TOP