[新製品・サービス]

規格に沿った顔写真データをスマートフォンで収集─大日本印刷の「Photo Entry」

2021年12月13日(月)IT Leaders編集部

大日本印刷(DNP)とDNPフォトイメージングジャパン(PIJ)は2021年12月10日、顔写真データ収集サービス「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」を発表した。会員証や社員証などの顔写真入りIDカードを制作する際、規格に沿った顔写真データをスマートフォンを介して収集する。

 大日本印刷(DNP)とDNPフォトイメージングジャパン(PIJ)の「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」は、会員証や社員証などの顔写真入りIDカードを制作する際に、規格に沿った顔写真データをスマートフォンを介して収集するサービスである。収集したデータは大日本印刷のクラウドに保存する(図1)。

図1:「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」の概要(出典:大日本印刷)図1:「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」の概要(出典:大日本印刷)
拡大画像表示

 トリミング機能を備えるほか、AIを活用したアシスト機能によって、規格外の顔写真(サングラスを装着、口を開けている、など)を検出する。画素数が条件に合致しているかどうかも確認する(画面1)。

画面1:スマートフォン画面でトリミングできる。「口が開いている」といった撮影状態をAIが検知して指摘してくれる(出典:大日本印刷)画面1:スマートフォン画面でトリミングできる。「口が開いている」といった撮影状態をAIが検知して指摘してくれる(出典:大日本印刷)

 エンドユーザー側のメリットとして、時間や場所を問わず、自身のスマートフォンで撮影した顔写真データを送信できる。納得がいくまで何度でも写真を撮影できる。専用アプリケーションをダウンロードすることなく撮影できる。また、全国に約5500台(2021年11月末現在)設置している、DNPの証明写真機「Ki-Re-i」で撮影した顔写真も登録できる。

 「社員証などの顔写真データはエンドユーザー自身がスマートフォンで撮影して送信しているが、顔写真の品質やサイズにばらつきが多いという課題がある。カード発行事務局の担当者が目視で確認する必要があった」(同社)。

関連キーワード

大日本印刷 / DNPフォトイメージングジャパン

関連記事

Special

-PR-

規格に沿った顔写真データをスマートフォンで収集─大日本印刷の「Photo Entry」大日本印刷(DNP)とDNPフォトイメージングジャパン(PIJ)は2021年12月10日、顔写真データ収集サービス「DNP顔写真収集サービスwith Photo Entry」を発表した。会員証や社員証などの顔写真入りIDカードを制作する際、規格に沿った顔写真データをスマートフォンを介して収集する。

PAGE TOP