[市場動向]

NTTデータ、AWS技術者2300人を2025年3月末までに5000人に増員

2021年12月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2021年12月16日、米Amazon Web Services(AWS)と2022年1月1日から戦略的協業を開始すると発表した。クラウドを活用したデジタルビジネスの推進を目的とする。協業の一環としてNTTデータは、現在で社内2300人のAWS技術者を2025年3月末までに5000人に増員する。また、両社の得意分野を掛け合わせた新たなサービスを開発する。

 NTTデータと米Amazon Web Services(AWS)は、クラウドを活用したデジタルビジネスの推進を目的に、2022年1月1日から戦略的協業を開始する。協業の一環としてNTTデータは、AWSが提供するトレーニングなどを活用し、国内グループ約2300人(2021年8月末)のAWS技術者を2025年3月末までに5000人に増員する。さらに、コンサルティングや先進技術の活用を支援できる人材も育成する。

 競業ではまた、NTTデータが得意とする顧客の業務課題やニーズに沿ったサービスと、AWSのクラウドサービスを組み合わせ、NTTデータ独自のサービスを開発する。すでに取り組んでいる、AWSを活用したデータ収集・分析領域やセキュリティ領域を強化するとともに、新たなサービスの開発を協業の枠組みで検討する。開発したサービスは、AWS Marketplaceなどを通じて市場に展開する。

 ユーザー企業へのクラウドの導入や、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援なども推進する。NTTデータのプロジェクト管理ノウハウと、AWSのプロフェッショナルサービスが持つ知見を組み合わせ、ユーザーがクラウドを導入する際の網羅的な品質向上の仕組みや、特別サポート体制を構築する。これにより、ユーザーのニーズに適したクラウドを活用できるように支援する。

関連キーワード

NTTデータ / AWS / 協業・提携 / ITエンジニア

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、AWS技術者2300人を2025年3月末までに5000人に増員NTTデータは2021年12月16日、米Amazon Web Services(AWS)と2022年1月1日から戦略的協業を開始すると発表した。クラウドを活用したデジタルビジネスの推進を目的とする。協業の一環としてNTTデータは、現在で社内2300人のAWS技術者を2025年3月末までに5000人に増員する。また、両社の得意分野を掛け合わせた新たなサービスを開発する。

PAGE TOP