[新製品・サービス]

システムインテグレータ、DB操作ツール「SI Object Browser」新版、Win 11/Server 2022で動作

2022年1月5日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

システムインテグレータは2022年1月5日、データベース操作ツール「SI Object Browser」とERモデリングツール「SI Object Browser ER」の新版を発表した。いずれも、Windows 11/Windows Server 2022で動作するようにするなど、動作環境を拡大した。2022年1月31日から販売する。販売目標は、2021年度から3年間で約9億円、SI Object Browserシリーズ全体では3年間で約24億円。

 SI Object Browserは、GUIを介してデータベースの作成や操作を行えるツールである(関連記事システムインテグレータ、DB操作ツール「SI Object Browser」新版、Oracle DB 21cの新機能に対応)。

 SI Object BrowserからRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)に接続して使う。テーブルなど各種オブジェクトの作成/編集、RDBMS側に配置する業務ロジックの作成、SQLの実行など、各種のDB操作/メンテナンス操作を行える。

 一方のSI Object Browser ERは、ER(エンティティリレーションシップ)図によってデータをモデリングするためのツールである(関連記事ERモデリングツール新版「SI Object Browser ER 18」、Oracle Cloud移行に対応)。データベース設計を支援する。

 今回、SI Object BrowserのOracle版を新版「SI Object Browser for Oracle 21.2」とした。さらに、SI Object Browser ERを新版「SI Object Browser ER 22」(2022年度版)とした。

 これら2製品のバージョンアップでは、ともに稼働OSを拡大し、最新のWindows OS(Windows 11、Windows Server 2022)で動作するようにした。SI Object Browser ERでは対象DBも拡大し、最新SB(Oracle Database 21c、SQL Server 2019)で使えるようにした。

関連キーワード

システムインテグレータ / SI Object Browser

関連記事

Special

-PR-

システムインテグレータ、DB操作ツール「SI Object Browser」新版、Win 11/Server 2022で動作システムインテグレータは2022年1月5日、データベース操作ツール「SI Object Browser」とERモデリングツール「SI Object Browser ER」の新版を発表した。いずれも、Windows 11/Windows Server 2022で動作するようにするなど、動作環境を拡大した。2022年1月31日から販売する。販売目標は、2021年度から3年間で約9億円、SI Object Browserシリーズ全体では3年間で約24億円。

PAGE TOP