[市場動向]

ソニーがEV事業を本格化、新会社「ソニーモビリティ」を2022年春に設立

CES 2022で「VISION-S」の進化を反映させた新EV試作車を発表

2022年1月5日(水)河原 潤(IT Leaders編集部)

ソニーグループは2022年1月5日(米国現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022で、EV(電気自動車)を中心としたモビリティコンセプト「VISION-S」の取り組み状況を発表した。同社ブースで、新しいSUVタイプの試作車「VISION-S 02」を発表・展示している。また、VISION-Sに基づくモビリティ体験の進化や提案を加速させる目的で、2022年春に事業会社「ソニーモビリティ株式会社」を設立し、EVの市場投入を本格的に検討していく計画を明らかにした。

 ソニーグループの「VISION-S」は、2020年1月開催のCES 2020で公になった同社のモビリティコンセプトおよびEV試作車シリーズの名称である。同年12月には欧州で最初の試作車「VISION-S 01」の公道走行テストを実施。車内外に搭載されたイメージングセンシング技術やヒューマンマシンインタフェース(HMI)システムなどの安全性やユーザーエクスペリエンスの検証を行っている。また、2021年4月からは、ボーダフォンのドイツ法人(Vodafone Germany)と共同で5Gを活用した走行試験を開始するなど、先端技術を駆使しながら新たなモビリティ体験の提供に向けて開発・活動を続けてきた。

 今回のCES 2022では、同コンセプトの重点領域(Safety:安心・安全なモビリティ、Adaptability:人に近づき、共に成長する、Entertainment:モビリティエンタテインメント空間の深化)における取り組みの状況を説明した。「VISION-Sは、より人に寄り添うモビリティを目指して進化を続け、安心・安全のための技術開発やアダプタビリティ、エンターテインメントを軸に開発を継続している」(同社)。

 そして、これらの取り組みを反映させた、VISION-Sの次のフェーズを担う新しいEV試作車として、SUV(Sport Utility Vehicle)タイプの「VISION-S 02」を発表、CESの同社ブースで車両を披露した(写真1)。

写真1:ソニーのEV試作車、VISION-Sシリーズのラインアップ。写真右が「VISION-S 01」で、写真左が今回発表された、SUVタイプの「VISION-S 02」(出典:ソニーグループ)
拡大画像表示

 「VISION-S 02は、公道走行試験などを実施している既存のVISION-S 01と共通のEV/クラウドプラットフォームを採用している。広い室内空間を用いたエンタテインメント体験や7人乗車のバリエーションなどを通して、VISION-S 01と共に、価値観が多様化する社会でのさまざまなライフスタイルへの対応を推進していく」(同社)

 ソニーはVISION-Sに基づくモビリティ体験の進化や提案を加速させるため、2022年春に事業会社「ソニーモビリティ株式会社」を設立し、EVの市場投入を本格的に検討していくとしている。

 「新会社は、AI/ロボティクス技術を最大限に活用し、だれもが日常的にロボットと共生する世界を実現し、人を感動で満たし、社会へ貢献することを目指す。エンターテインメントロボットのaibo、ドローンのAirpeakに、モビリティの進化に貢献するVISION-Sを加えて、さまざまな領域において価値創造を行っていく」(同社)

関連キーワード

ソニー / EV / モビリティ / MaaS / CASE / ソニーモビリティ / 欧州 / aibo / ドローン / Vodafone / 運輸・交通 / 自動車 / エンターテインメント / 製造

関連記事

Special

-PR-

ソニーがEV事業を本格化、新会社「ソニーモビリティ」を2022年春に設立ソニーグループは2022年1月5日(米国現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022で、EV(電気自動車)を中心としたモビリティコンセプト「VISION-S」の取り組み状況を発表した。同社ブースで、新しいSUVタイプの試作車「VISION-S 02」を発表・展示している。また、VISION-Sに基づくモビリティ体験の進化や提案を加速させる目的で、2022年春に事業会社「ソニーモビリティ株式会社」を設立し、EVの市場投入を本格的に検討していく計画を明らかにした。

PAGE TOP