[新製品・サービス]

ヤマハ、エントリーVPNルーター「RTX830」が100台のVPNクライアントを収容可能に

VPN拡張ライセンスでVPN接続数を20から100に拡張

2022年1月25日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2022年1月25日、VPNルーター機器「RTX830」を強化し、VPN機能を拡張するライセンス「YSL-VPN-EX1」を提供開始した。VPN対地数(同時接続数)をライセンス適用前の20から100へと拡張する。VPNクライアントを100台まで収容できるようになるため、テレワーク環境のVPNクライアントを収容するセンタールーターとしてRTX830を流用するといった使い方が可能になる。。価格(税別)は、RTX830が7万5000円で、拡張ライセンスのYSL-VPN-EX1が2万5000円。

 RTX830は、VPNクライアントPCからのリモート接続や拠点間接続に向いたVPNルーター機器のエントリーモデルである(関連記事ヤマハが拠点VPNルーター「RTX830」、クラウド型の管理やAWS接続など運用管理性を向上)。筐体は幅220×厚さ43.5×奥行き160.5mmと小型である(写真1)。ポートはWANポートとLANポート(4ポートのスイッチングハブ付き)ともに1000BASE-Tで、VPNスループットは1Gbit/sである。

写真1:RTX830の外観写真1:RTX830の外観
拡大画像表示

 今回、RTX830を強化し、VPN機能を拡張するライセンス「YSL-VPN-EX1」をオプションで用意した(これに合わせてファームウェアの最新版をリリースしている)。同ライセンスを適用すると、VPN対地数(同時接続数)がライセンス適用前の20から100へと増える(記事末の表1)。VPNクライアントを100台まで収容できるようになるため、テレワーク環境のVPNクライアントを収容するセンタールーターとしてRTX830を流用するといった使い方が可能になる(図1)。

図1:RTX830にVPN機能拡張ライセンスを適用すると、VPN接続数を20から100へと増やせる(出典:ヤマハ)図1:RTX830にVPN機能拡張ライセンスを適用すると、VPN接続数を20から100へと増やせる(出典:ヤマハ)

 ライセンスの適用は簡単である。クラウド型ネットワーク統合管理サービス「Yamaha Network Organizer(YNO)」を使って、リモートからライセンスを適用できる。ルーター本体の入れ替えなどは要らないため、IT管理者もテレワーク経由でライセンスを適用できる。また、YSL-VPN-EX1を使うにあたってインターネット経由のライセンス認証が不要なため、閉域網内の拠点間接続にも利用可能である。

表1:RTX830とYSL-VPN-EX1の主な仕様(赤字部分はVPN拡張ライセンスを適用したときの差分仕様)(出典:ヤマハ)
品番 RTX830 RTX830 + YSL-VPN-EX1
VPN機能 IPsec, PPTP, L2TP/IPsec, L2TPv3, L2TPv3/IPsec, IPIPトンネル, マルチポイントトンネル(クライアント) IPsec, PPTP, L2TP/IPsec, L2TPv3, L2TPv3/IPsec, IPIPトンネル, マルチポイントトンネル(サーバー/クライアント)
スループット 最大2.0Gbit/s
IPsecスループット 最大1.0Gbit/s
PPPoEセッション数 5 40
データコネクト対地数 6 8
VPN対地数 複数VPN併用時の合計 20 100
IPIP 20 100
IPsec 20 100
L2TP/IPsec (L2TPv2) 20 100
L2TPv3 1 9
PPTP 4
関連キーワード

ヤマハ / RTX830 / VPN

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、エントリーVPNルーター「RTX830」が100台のVPNクライアントを収容可能にヤマハは2022年1月25日、VPNルーター機器「RTX830」を強化し、VPN機能を拡張するライセンス「YSL-VPN-EX1」を提供開始した。VPN対地数(同時接続数)をライセンス適用前の20から100へと拡張する。VPNクライアントを100台まで収容できるようになるため、テレワーク環境のVPNクライアントを収容するセンタールーターとしてRTX830を流用するといった使い方が可能になる。。価格(税別)は、RTX830が7万5000円で、拡張ライセンスのYSL-VPN-EX1が2万5000円。

PAGE TOP