[新製品・サービス]

ネットワールド、Kubernetes/コンテナ環境向けの永続ストレージソフトウェア「Portworx」

2022年3月30日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワールドは2022年3月30日、Kubernetes環境向けストレージソフトウェア「Portworx(ポートワークス)」を提供開始した。コンテナ基盤のKubernetes環境で使える永続ストレージである。サーバー内蔵の物理ドライブ(HDD/SSD)や外付けディスクアレイ、クラウドのブロックストレージなど各種ストレージを永続ボリュームとして提供する。同製品は、2020年9月に米Pure Storageが買収した米Portworx社が開発した。ネットワールドは、製品ライセンスの販売に加えて、Portworx専用の日本語サポート窓口を提供する。無料のハンズオンセミナーなどのトレーニングサービスも提供する。

 Portworxは、コンテナ基盤のKubernetes環境で使える、永続ストレージソフトウェアである(図1)。サーバー内蔵ドライブ(HDD/SSD)や外付けディスクアレイ、クラウドのブロックストレージなど各種ストレージが混在したプールからボリュームを切り出し、Kubernetes環境の永続ボリュームとして使えるようにする。大規模なストレージ(クラスタあたり1000ノード、10万仮想ボリューム、ホストあたり1000ボリューム)を運営可能である。

図1:Kubernetes/コンテナ環境向け永続ストレージソフトウェア「Portworx」の概要(出典:ネットワールド)図1:Kubernetes/コンテナ環境向け永続ストレージソフトウェア「Portworx」の概要(出典:ネットワールド)
拡大画像表示

 業務アプリケーションのデータを永続的に保持するストレージに求められる機能を一通り備える。例えば、データのバックアップ/リストア、DR(災害対策)、マイグレーション(移動)、セキュリティ、オートスケールなど、各種のストレージ機能群を提供する。

 バックアップ機能は、アプリケーション全体(データ、アプリケーション構成、Kubernetesオブジェクトを含む)をキャプチャし、ボタン1つで任意のバックアップ場所にデータを移動する。バックアップはネームスペースやpod単位で行える。

 マイグレーション機能では、アプリケーション全体をクラスタ、ラック、クラウド間で容易に移動できる。

 自動スケーリング機能は、各コンテナボリュームまたはストレージプール全体のサイズを自動で変更する。必要以上の余分なリソースを展開せずに済む。

 米Pure Storageが運営するSaaS型ストレージ運用監視サービス「Pure1」を使って、クラスタの状態を監視・管理できる(関連記事ストレージ機器の6カ月後の性能と容量を予測、Pure Storageの予測型サポート「Pure1」)。15分ごとに自動的にログをPure1にアップロードする仕組み。

関連キーワード

ネットワールド / Portworx / Kubernetes

関連記事

Special

-PR-

ネットワールド、Kubernetes/コンテナ環境向けの永続ストレージソフトウェア「Portworx」ネットワールドは2022年3月30日、Kubernetes環境向けストレージソフトウェア「Portworx(ポートワークス)」を提供開始した。コンテナ基盤のKubernetes環境で使える永続ストレージである。サーバー内蔵の物理ドライブ(HDD/SSD)や外付けディスクアレイ、クラウドのブロックストレージなど各種ストレージを永続ボリュームとして提供する。同製品は、2020年9月に米Pure Storageが買収した米Portworx社が開発した。ネットワールドは、製品ライセンスの販売に加えて、Portworx専用の日本語サポート窓口を提供する。無料のハンズオンセミナーなどのトレーニングサービスも提供する。

PAGE TOP