[新製品・サービス]

Dropbox、“バックアップ操作が難しい”の声に応えて新ツール「Dropbox Backup」をリリース

2022年4月15日(金)神 幸葉(IT Leaders編集部)

米Dropboxの日本法人は2022年4月14日、クラウドバックアップツール「Dropbox Backup」の国内提供を開始した。Dropbox のバックアップ機能に基づいた同ツールは、新しい復元フロー、PCでのバックアップ管理の設定など、バックアップに対するユーザーの声やありがちな問題を解消するかたちで機能強化されている。

Dropboxの標準バックアップ機能を強化・改善したツール

 Dropboxによると、オンラインストレージサービス「Dropbox」は、現在全世界で約7億人が利用しているという。同社は、デジタルエコシステムが複雑さを増し、大量のコンテンツが散在するようになった近年、企業が扱うクラウドコンテンツとワークフローをサポートする機能の構築・改善に注力してきた。インフラの自律制御と適正範囲拡大、AI予測による省エネルギー化、セキュリティ監視システムと対応体制の構築などである。

 同社が今回国内で提供開始したDropbox Backupは、クラウドファイル/コンテンツのバックアップと復元を容易にするバックアップツール(機能)である。Dropboxの標準バックアップ機能に基づいて、機能拡張・改善を施して開発された。全Dropboxプランで利用が可能で、スタンドアロン型クラウドバックアップソリューションとして、Dropboxアカウントを持っていなくても利用できる。

 同社によると、Dropbox Backupは、「バックアップにまつわる難しさ」を解消する目的で開発されたという。新しい復元フロー、PCでのバックアップ管理の設定など、バックアップに対するユーザーの声やありがちな問題を解消するかたちで機能強化・改善を行っている(図1)。

図1:Dropbox Backupを開発した背景(出典:Dropbox Japan)
拡大画像表示

 Dropbox Backupは、バックアップ操作をデスクトップからすべてを管理し、進行状況や履歴確認、特定ファイルの優先設定が1カ所で完結する。また、共有ファイルから分離してバックアップ、復元は数回クリックするだけで開始でき、ファイルはクラウドのバックアップから自動復元されるなど、利便性の高いシステムになっている(図2)。

図2:Dropbox Backupの操作イメージ(出典:Dropbox Japan)
拡大画像表示

 ドライブの空き容量を増やし、他のユーザーにコンテンツへのアクセスを許可して共有やコラボレーションを可能にするクラウド同期サービスは、Dropbox Backupでは、データの「コピー」を自動でバックアップし、必要に応じてクラウドからすぐに復元できる。

 同社 アジア太平洋・日本地域統括ソリューション本部長の岡崎隆之氏(写真1)は、「クラウドよりもローカルのほうが安全で安いと考えがちだが、機器故障や、壊れたデータをバックアップしていた、担当者の退職や異動でバックアップがとれていなかった、大容量化したデータのリストア作業に膨大な時間といった問題もよく聞く」と説明。ローカル保存の危険性を指摘しながら優位性をアピールした。

写真1:Dropbox Japan アジア太平洋・日本地域統括ソリューション本部長の岡崎隆之氏
拡大画像表示

●Next:電子署名やPDF編集、分析ダッシュボードの新機能

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Dropbox / バックアップ / HelloSign

関連記事

Special

-PR-

Dropbox、“バックアップ操作が難しい”の声に応えて新ツール「Dropbox Backup」をリリース米Dropboxの日本法人は2022年4月14日、クラウドバックアップツール「Dropbox Backup」の国内提供を開始した。Dropbox のバックアップ機能に基づいた同ツールは、新しい復元フロー、PCでのバックアップ管理の設定など、バックアップに対するユーザーの声やありがちな問題を解消するかたちで機能強化されている。

PAGE TOP