[新製品・サービス]

最寄りのCDNエッジにデータを保存するサーバーレスデータベース「Cloudflare D1」

2022年5月12日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

CDNサービスプロバイダーの米Cloudflareは2022年5月12日、サーバーレスデータベース「Cloudflare D1」を発表した。データベースをユーザーの最寄りのCDNエッジに動的に配置可能なサービスである。最寄りのCDNエッジに配置したJavaScriptプログラムのサーバーレス基盤からSQLite互換データベースにアクセスする仕組みで、世界のどこからでも高速にデータベースにアクセスできるようになる。

 米Cloudflareが発表した「Cloudflare D1」は、データベースエンジン(SQLite互換)を、ユーザー最寄りのCDN(コンテンツ配信ネットワーク)エッジに、動的に配置可能なサービスである。JavaScriptプログラムを最寄りのCDNエッジで実行可能なサーバーレス基盤「Cloudflare Workers」からSQLite互換データベースにアクセスする仕組みをとる。これにより、世界のどこからでも高速・近距離でデータベースにアクセスできるようになる。

 CDNネットワークを利用し、企業のデータベースをできるだけ至近距離に配置する。そのため、データを保存する地域(リージョン)を選択して指定する必要がなく、代わりにCloudflareが、ユーザーの近くに自動的にデータベースを保存する。また、サーバーレス型のデータベースであり、数クリックでデータベースを立ち上げられるとしている。

 Cloudflare D1は、Cloudflare Workersとの統合によって動作する。データベースにアクセスするロジックやアプリケーションを含めて、フルスタックでアプリケーションを簡便に構築可能としている。また、データ転送に課金しないことも特徴であり、開発者が使うサービス間でデータを容易に移動できるようにした。

 同社CEOのマシュー・プリンス(Matthew Prince)氏は、「サーバーレスで難しいのはコードではなくストレージ。だからサーバーレスデータベースを用意した。CDNネットワーク上に構築しているため、大規模かつ高性能なサーバーレスデータベースを提供できる。企業は、ストレージ管理にかかるコストと複雑さに悩まされずに済む」とコメントしている。

●Next:Northwind TradersのCloudflare D1デモを紹介

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Cloudflare / CDN / サーバーレス / SQLite

関連記事

Special

-PR-

最寄りのCDNエッジにデータを保存するサーバーレスデータベース「Cloudflare D1」CDNサービスプロバイダーの米Cloudflareは2022年5月12日、サーバーレスデータベース「Cloudflare D1」を発表した。データベースをユーザーの最寄りのCDNエッジに動的に配置可能なサービスである。最寄りのCDNエッジに配置したJavaScriptプログラムのサーバーレス基盤からSQLite互換データベースにアクセスする仕組みで、世界のどこからでも高速にデータベースにアクセスできるようになる。

PAGE TOP