[新製品・サービス]

アシスト、社内ファイルサーバーや各種クラウドストレージへのアクセスを1カ所に統合する「Citrix ShareFile」を販売

2022年5月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2022年5月13日、ハイブリッド型オンラインストレージサービス「Citrix ShareFile」の販売を開始した。エンドユーザーは、Citrix ShareFileが提供する共有フォルダを介して、Dropboxなど各種クラウドストレージサービスやオンプレミスのファイルサーバーにアクセスする。価格(税別)は、最安価エディション「Standard」が最小構成の5指名ユーザーで年額10万6000円。開発会社は、米Citrix Systems。

 アシストが今回販売を開始した「Citrix ShareFile」(米Citrix Systemsが開発)は、複数のリモートストレージへのアクセスを仲介するハイブリッド型オンラインストレージサービスである(図1)。エンドユーザーは、Citrix ShareFileが提供する共有フォルダを介して、Dropboxなど各種クラウドストレージサービスやオンプレミスのファイルサーバーにアクセスする。

図1:「Citrix ShareFile」の概要(出典:アシスト)図1:「Citrix ShareFile」の概要(出典:アシスト)
拡大画像表示

 クラウドストレージとして、米Citrix Systemsのクラウドストレージ(容量無制限)と、他社製クラウドストレージ(SharePoint Online、OneDrive for Business、box、Google Drive、Dropbox)に接続可能である。また、専用の中継サーバーソフトウェア(Windows Server+IISで動作)を介してオンプレミスのファイルサーバーにも接続可能である。ストレージごとにフォルダが分かれているので、フォルダを指定して所望のストレージにアクセスする。

 Citrix ShareFileの共有フォルダには、Webアプリケーション画面、またはWindows/Macのファイラ経由でアクセスする。モバイルデバイス(iOS、iPadOS、Android)からアクセスするためのアプリケーションも用意している。

 WindowsやMacに専用のクライアントソフトウェアをインストールすると、Citrix ShareFileの共有ドライブをOS配下のドライブとして扱える。これにより、Explorer(Windows)やFinder(Mac)から、ローカルドライブと同様にCitrix ShareFileの共有ドライブにアクセスできる。また、ローカルフォルダとShareFileフォルダを同期させる設定も可能である。

 社外とのファイル共有も可能である。アクセス権限を細かく設定したり、ファイルのダウンロードをさせずに参照だけ可能にしたり、コンテンツに透かしを入れて画面キャプチャを抑止したり、といった設定ができる。また、Outlook/Gmail用のプラグインを使うことで、外部から受信したメール添付ファイルを自動でオンラインストレージに移動し、マルウェア検査後にダウンロードする、といった運用もとれる。

 ランサムウェア対策として、自動バージョン管理機能も持つ。修正前のバージョンに復元するといった運用がとれる。

関連キーワード

アシスト / Citrix ShareFile

関連記事

Special

-PR-

アシスト、社内ファイルサーバーや各種クラウドストレージへのアクセスを1カ所に統合する「Citrix ShareFile」を販売アシストは2022年5月13日、ハイブリッド型オンラインストレージサービス「Citrix ShareFile」の販売を開始した。エンドユーザーは、Citrix ShareFileが提供する共有フォルダを介して、Dropboxなど各種クラウドストレージサービスやオンプレミスのファイルサーバーにアクセスする。価格(税別)は、最安価エディション「Standard」が最小構成の5指名ユーザーで年額10万6000円。開発会社は、米Citrix Systems。

PAGE TOP