[新製品・サービス]

富士フイルムBI、複合機とSalesforceなどのSaaSを直接つなぐ「Apeos Cloud Connector」

2022年5月16日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は2022年5月16日、複合機クラウド連携サービス「Apeos Cloud Connector」を提供開始した。同社の複合機「Apeos」シリーズとSalesforceなどの各種クラウドサービスを、PCを介さずに直接つなぐサービスである。複合機でスキャンした文書を各種クラウドサービスに直接登録したり、これらクラウドサービス上の文書を複合機で直接印刷したりできるようにする。価格(税別)は、Salesforce連携向けライセンスが複合機1台あたり月額3000円など。

 富士フイルムBIの「Apeos Cloud Connector」は、同社の複合機「Apeos」シリーズとSalesforceなどの各種クラウドサービスを、PCを介さずに直接つなぐサービスである(図1)。複合機でスキャンした文書を各種クラウドサービスに直接登録したり、これらクラウドサービス上の文書を複合機で直接印刷したりできるようになる。

図1:「Apeos Cloud Connector」の概要(出典:富士フイルムホールディングス)図1:「Apeos Cloud Connector」の概要(出典:富士フイルムホールディングス)
拡大画像表示

 第1弾として、以下の5つのSaaSとの連携ライセンスを用意した。「kintone」(サイボウズ)、「Salesforce Sales Cloud」(米Salesforce.com)、「Microsoft Teams」(米Microsoft)、「Zoom Meetings」(米Zoom Video Communications)、「Create!Webフロー」(インフォテック)、である。

 接続先のクラウドサービスは、契約時に自由に選択可能である。契約後も、Webサイト「富士フイルムBIダイレクト」から簡単に追加・削除できる。今後も、接続先のSaaS型クラウドサービスを順次拡大予定である。

 価格(税別)は、表1の通り。

表1:「Apeos Cloud Connector」のライセンス(出典:富士フイルムビジネスイノベーション)
商品名 価格(税別) ライセンス形態
Apeos Cloud Connector for kintone 月額3000円 複合機1台につき1ライセンス
Apeos Cloud Connector for Salesforce 月額3000円
Apeos Cloud Connector for Microsoft Teams 月額3000円
Apeos Cloud Connector for Zoom 月額2000円
Apeos Cloud Connector for Create!Webフロー 月額2000円
関連キーワード

富士フイルムビジネスイノベーション / 複合機 / Apeos Cloud Connector

関連記事

Special

-PR-

富士フイルムBI、複合機とSalesforceなどのSaaSを直接つなぐ「Apeos Cloud Connector」富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は2022年5月16日、複合機クラウド連携サービス「Apeos Cloud Connector」を提供開始した。同社の複合機「Apeos」シリーズとSalesforceなどの各種クラウドサービスを、PCを介さずに直接つなぐサービスである。複合機でスキャンした文書を各種クラウドサービスに直接登録したり、これらクラウドサービス上の文書を複合機で直接印刷したりできるようにする。価格(税別)は、Salesforce連携向けライセンスが複合機1台あたり月額3000円など。

PAGE TOP