データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、印西データセンターにAzure閉域網接続拠点、2022年9月に構内ネットワークと接続して提供

2022年6月7日(火)IT Leaders編集部

NECは2022年6月6日、「NEC DX ネットワークサービス」を同年9月から提供すると発表した。NEC印西データセンターの構内ネットワーク接続サービスとMicrosoft Azureの閉域網接続サービス「Microsoft Azure ExpressRoute」を合わせて提供する。同サービスに先立ち、同年6月にNEC印西データセンターにAzure ExpressRouteの接続拠点を開設する。NECは一連のサービスの販売目標として、2025年度までに100社を掲げる。

 NECが2022年9月に提供開始する「NEC DX ネットワークサービス」は、NEC印西データセンター(千葉県印西市)の構内接続サービスと、Microsoft Azureの閉域網接続サービス「Microsoft Azure ExpressRoute」で構成する。同サービスの提供に先立ち、同年6月にNEC印西データセンターにAzure ExpressRouteの接続拠点を開設する。

図1:Microsoft Azureへの構内接続サービス「NEC DX ネットワークサービス」の概要(出典:NEC)図1:Microsoft Azureへの構内接続サービス「NEC DX ネットワークサービス」の概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 ユーザーは、NEC印西データセンターのハウジングサービスから Azure ExpressRouteへの構内接続が可能になる。これにより、閉域網接続のセキュリティレベル、冗長化による高可用性、高帯域接続による大容量トラフィックなどのメリットを得られる(図1)。

 図1にあるように、AzureをベースにしたDaaS(クラウド型デスクトップ仮想化基盤)の「NEC Virtual Desktopサービス」や「Microsoft 365」との組み合わせも提案する。これらにより、クラウドを活用したデジタルワークプレイス環境を高性能かつセキュアな状態で使えるようにする。

 さらに、物理回線を一式追加することで、Azureとの閉域接続だけでなく、インターネット接続サービスやNECの主要データセンターへの接続、外部サービス連携による他のクラウドサービスとの接続が行える。NECは今後、パートナーの誘致を推進し、構内接続による接続サービスを拡充していくという(図2)。

図2:「NEC DX ネットワークサービス」における接続サービス拡充(出典:NEC)
拡大画像表示

 「国内の企業や政府・自治体でパブリッククラウドの利用が増えているが、重要データに関してはユーザーのIT資産内に格納する傾向にある。パブリッククラウドとユーザーのIT資産を低遅延かつセキュアに接続するデータセンターサービスが求められている」(NEC)。

●Next:NEC印西データセンターの狙いと仕様

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

NEC / ExpressRoute / Azure / 閉域接続

関連記事

Special

-PR-

NEC、印西データセンターにAzure閉域網接続拠点、2022年9月に構内ネットワークと接続して提供NECは2022年6月6日、「NEC DX ネットワークサービス」を同年9月から提供すると発表した。NEC印西データセンターの構内ネットワーク接続サービスとMicrosoft Azureの閉域網接続サービス「Microsoft Azure ExpressRoute」を合わせて提供する。同サービスに先立ち、同年6月にNEC印西データセンターにAzure ExpressRouteの接続拠点を開設する。NECは一連のサービスの販売目標として、2025年度までに100社を掲げる。

PAGE TOP