ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

仮想オフィス「oVice」が稼働システムとUIを刷新、最大100人のビデオ通話が可能に

2022年6月16日(木)IT Leaders編集部

oViceは2022年6月14日、仮想オフィスサービス「oVice」のバックエンドシステムとUIを刷新したと発表した。性能が向上し、数十人規模(最大100人)のビデオ通話に対応したほか、初めてoViceを使う人が戸惑わないような改善を図っている。

 oVice(本社:石川県七尾市)の「oVice(オヴィス)」は、オンラインコミュニケーションのための仮想オフィス(バーチャルオフィス)サービスである。オフィスのレイアウト図を模した画面上にアバターを配置して利用する。特徴は、現実のオフィスと同じように、自身の分身であるアバター同士の距離に応じて聞こえる音の大きさを変えて、対面のような自然なコミュニケーションを可能にしている点である関連記事「リアルで自然なコミュニケーションなら長時間使っても疲れない」─oViceが提案する仮想オフィスの姿)。

 今回、バックエンドシステムとUIを全面的に刷新した。「機能のアップデートを重ねたことが原因で、初めて使う人にとって機能を把握しにくい表示になっていた。導入企業の担当者からも、使い方の習得に時間と労力がかかるため、利用人数が広がらないといった声が集まっていた」(同社)。

 バックエンドシステムの刷新で、oViceのレスポンスが最大で100倍高速になったという。また、これまで参加可能人数は20人程度だったが、数十人規模(最大で約100人)のビデオ通話を可能にしている(画面1)。

画面3:バックエンドシステムを刷新して性能を高めた。これまでは20人程度しか収容できなかったビデオ通話が、数十人規模(最大で約100人)を収容できるようになった(出典:oVice)画面1:バックエンドシステムを刷新して性能を高めた。これまでは20人程度しか収容できなかったビデオ通話が、数十人規模(最大で約100人)を収容できるようになった(出典:oVice)

 UIの刷新については、既存ユーザーへのヒアリングを基に設計し、初めてoViceを使う人でも直感的で分かりやすいUIとなるように機能を整理・集約している。

●Next:oViceにおけるUIの整理・改善の例

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

oVice / バーチャルオフィス / テレワーク / デジタルワークプレイス / Web会議システム

関連記事

Special

-PR-

仮想オフィス「oVice」が稼働システムとUIを刷新、最大100人のビデオ通話が可能にoViceは2022年6月14日、仮想オフィスサービス「oVice」のバックエンドシステムとUIを刷新したと発表した。性能が向上し、数十人規模(最大100人)のビデオ通話に対応したほか、初めてoViceを使う人が戸惑わないような改善を図っている。

PAGE TOP