[市場動向]

KDDIの通信障害が全面復旧、影響期間は2日と14時間

2022年7月5日(火)IT Leaders編集部

KDDIは2022年7月5日、7月2日深夜より続いていた同社の通信サービス障害について、復旧および検証作業が終了したことを報告した。今回の通信障害の影響期間を、同年7月2日1時35分頃から同年7月4日15時00分と発表した。

 KDDIが、2022年7月2日午前1時35分頃より発生した全国的な通信サービス障害について全面復旧を報告した(関連記事KDDIの通信障害、「データ通信は概ね回復」も音声通話はつながりにくい状態続く)。

 同社は、7月5日の事故対策本部会議において、7月4日15時以降、個人/法人顧客のサービス利用状況およびネットワークトラフィックの正常性に問題がないことを最終確認したと発表した。

 今回の通信障害で影響が及んだのは、au携帯電話、UQ mobile携帯電話、povo、au回線利用事業者の通信、ホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセル、SMS送受信の各サービスである。

 今回の通信障害により、KDDIグループの音声通話/データ通信サービス3915万回線の利用者が不便を強いられた。影響は気象観測システムやJR貨物の運行情報、日本郵便の配送、地方銀行ATMなど、KDDI系通信サービスを利用する事業者のビジネスにも及んだ。現時点では顧客への損失補填については未発表である。

関連キーワード

KDDI / システム障害 / 通信事業者 / au

関連記事

Special

-PR-

KDDIの通信障害が全面復旧、影響期間は2日と14時間KDDIは2022年7月5日、7月2日深夜より続いていた同社の通信サービス障害について、復旧および検証作業が終了したことを報告した。今回の通信障害の影響期間を、同年7月2日1時35分頃から同年7月4日15時00分と発表した。

PAGE TOP