[市場動向]

KDDIの通信障害、「データ通信は概ね回復」も音声通話はつながりにくい状態続く

2022年7月4日(月)IT Leaders編集部

KDDIは2022年7月4日、7月2日深夜より日本国内で発生している同社の通信サービス障害について復旧の状況を報告した。全国的にデータ通信は概ね回復しているが、流量制御などの対処を講じているため、音声通話が利用しづらい状況が継続しているという。

 KDDIによると、今回の全国的な通信サービス障害は2022年7月2日午前1時35分より発生し、現在も全面復旧には至っていないという。影響が及んでいるのは、au携帯電話、UQ mobile携帯電話、povo、au回線利用事業者の通信、ホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセル、SMS送受信の各サービス。

 同社は通信障害の原因を、「同日未明に発生した通信サービス基盤設備の障害」であると説明している。設備障害の影響からVoLTE交換機でのトラフィックの輻輳が生じているという。

 7月4日午前9時発表の報告によると、同時点でのサービス状況は、「全国的にデータ通信は概ね回復しているが、流量制御などの対処を講じているため、音声通話が利用しづらい状況が継続している」という。

 緊急電話も利用しづらい状況が発生していることから、KDDIは顧客に向けて、音声通話に関しては固定電話、公衆電話などの利用を促している。同社は通信障害に関する最新の状況を同社のWebサイトで逐次発表している。

[2022/7/5 17:00 追記]
 KDDIは同年7月5日16時15分、7月2日深夜より続いていた同社の通信サービス障害について、復旧および検証作業が終了したことを報告した。今回の通信障害の影響期間を、同年7月2日1時35分頃から同年7月4日15時00分と発表した(関連記事KDDIの通信障害が全面復旧、影響期間は2日と14時間)。

関連キーワード

KDDI / 通信事業者 / システム障害 / au / 携帯電話 / スマートフォン / 音声通話

関連記事

Special

-PR-

KDDIの通信障害、「データ通信は概ね回復」も音声通話はつながりにくい状態続くKDDIは2022年7月4日、7月2日深夜より日本国内で発生している同社の通信サービス障害について復旧の状況を報告した。全国的にデータ通信は概ね回復しているが、流量制御などの対処を講じているため、音声通話が利用しづらい状況が継続しているという。

PAGE TOP