データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

米Delphix、用途別のハードウェア一体型仮想DBシステム、ランサムウェア対策とテストデータ管理

2022年7月15日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Delphix(デルフィクス)は2022年7月14日(米国現地時間)、仮想データベースソフトウェア「Delphix」をベースとしたハードウェアアプライアンス2製品を提供開始した。CDP(継続的データ保護)コピーによる、ランサムウェアなどからデータベースを保護する用途の「Delphix CDP Appliance」と、テストデータ準備など開発工程を効率化する用途の「Delphix DevOps Appliance」である。

 米Delphixは、仮想データベースソフトウェア「Delphix」をベースとしたハードウェアアプライアンス2製品を提供開始した。「Delphix CDP Appliance」は、CDP(継続的データ保護)コピーによってデータベースを保護する用途である。もう1つの「Delphix DevOps Appliance」は、テストデータを迅速に準備するなどしてソフトウェアの開発工程を効率化する用途である。

 ベースとなるDelphixは、本番環境のデータベースのデータを、開発環境のデータベース用にコピーして運用する仮想データベース/ストレージである。本番データを流用した開発テスト用途のデータベースの構築を容易にする。外部の本番系データベースと同期し、Delphix内に構築した複数の仮想ストレージにデータをコピーする仕組みをとる(関連記事大企業の開発基盤はオンプレミス続行、半数以上がテストデータ準備に24時間以上─Delphix調査)。

 Delphix CDP Applianceは、データベースのデータをランサムウェア攻撃などから保護する目的を持ったシステム製品である。サイバー攻撃を受けたシステムを復旧することを目的としており、ネットワーク接続を制限した環境に設置して使う。本番環境のデータベースから直接、もしくはDelphix DevOps Applianceからのレプリケーションによってデータを取り込む。

 変更が加わったデータだけを即座にコピーしてデータを同期するCDP(継続的データ保護)により、RPO(復旧時点目標)をほぼゼロにできる。サイバー攻撃を受けたアプリケーションを、直前のトランザクションを実行した時点まで復旧可能である。「従来のバックアップは1日1回しかデータを取得しないため、最大で1日分のトランザクションが失われる可能性があった」(同社)。

 Delphix DevOps Applianceは、本番環境のデータを流用したテストデータを迅速に準備するなど、開発工程を効率化する目的を持ったシステム製品である。アプライアンス1台構成で提供する。

 Delphixの機能により、開発環境のツールからWeb API(REST API)を介してテストデータの準備や更新、巻き戻しといった、各種の操作が可能である。テストデータの生成にあたっては、機密データを検出してマスキングするといった機能も備えている。

 なお、今回提供を開始した2つのアプライアンスは、いずれもPCサーバーとして米デル・テクノロジーズ製品を採用している。

関連キーワード

Delphix / ランサムウェア / 仮想データベース

関連記事

Special

-PR-

米Delphix、用途別のハードウェア一体型仮想DBシステム、ランサムウェア対策とテストデータ管理米Delphix(デルフィクス)は2022年7月14日(米国現地時間)、仮想データベースソフトウェア「Delphix」をベースとしたハードウェアアプライアンス2製品を提供開始した。CDP(継続的データ保護)コピーによる、ランサムウェアなどからデータベースを保護する用途の「Delphix CDP Appliance」と、テストデータ準備など開発工程を効率化する用途の「Delphix DevOps Appliance」である。

PAGE TOP