コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士ソフト、ペーパーレス会議「moreNOTE」を新型コロナウイルス対策で3カ月間無償提供

2020年2月28日(金)IT Leaders編集部

富士ソフトは2020年2月27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワーク支援システム「moreNOTE」を新型コロナウイルス対策の業務支援ツールとして、テレワークや在宅勤務、遠隔会議の実施を必要としている企業に無償提供すると発表した。

図1:moreNOTEの利用イメージ(出典:富士ソフト)図1:moreNOTEの利用イメージ(出典:富士ソフト)

 moreNOTEは、ペーパーレス会議システムである(図1)。2012年12月のサービス開始以来、民間企業、官公庁、自治体など様々な業界で、テレワークや在宅勤務、遠隔会議などに活用されている。

 メールアドレスを登録することによって利用できる。テレワークや在宅勤務におけるファイルの受け渡しや、遠隔会議における資料の共有、――などの使い方ができる。セキュリティを確保しながら利用できる。

 今回、新型コロナウイルス対策の業務支援ツールとしてmoreNOTEの無償提供を開始hした。Webサイトで申し込みを受付けている。利用期間は登録日から3カ月間。ユーザーIDは30まで、容量は1Gバイトまで利用できる。

 なお、moreNOTEの有料版とは、利用しているサーバーが異なる。一部の機能(Office編集、全文検索など)は利用できない。操作や不明点などの問い合わせについては、メールのみで受け付ける。

 コロナウイルスの終息にともない、提供を終了する場合がある。期間終了後、登録したユーザーデータ/ファイルデータは削除される。

関連キーワード

ペーパーレス会議システム / 富士ソフト

関連記事

Special

-PR-

富士ソフト、ペーパーレス会議「moreNOTE」を新型コロナウイルス対策で3カ月間無償提供富士ソフトは2020年2月27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワーク支援システム「moreNOTE」を新型コロナウイルス対策の業務支援ツールとして、テレワークや在宅勤務、遠隔会議の実施を必要としている企業に無償提供すると発表した。

PAGE TOP