コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT Com、Microsoft Teamsを介して音声電話を使えるようにするサービス

2020年3月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズは2020年3月17日、音声電話機能をクラウド型で提供する「Arcstar UCaaS」を強化し、Microsoft Teamsを介して電話が使えるようにするメニュー「Arcstar UCaaS 音声連携メニュー for Microsoft Teams」を追加した。既存の電話環境を使いながら、Teamsを介して内線発着信や代表電話への転送などができる。

 Arcstar UCaaSは、企業の電話設備である構内PBXをクラウドサービスの形で提供する、クラウド型の電話サービスである。

 今回、クラウド型のコミュニケーションサービスであるMicrosoft TeamsとArcstar UCaaSを連携させる機能を追加した。これにより、Teamsを介して音声電話を使えるようにした(図1)。

図1:Arcstar UCaaSとMicrosoft Teamsを連携させたイメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:Arcstar UCaaSとMicrosoft Teamsを連携させたイメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 2020年3月17日付で、既存の電話番号や電話機をそのまま使いながら、Teamsを介して内線発着信や代表電話への転送などができるようにした。2020年度上期からは、Teamsを介して外線の発着信ができる機能を提供する。

 Arcstar UCaaSの価格(10%消費税込み)は、利用者1ユーザーあたり月額約440円。別途、Teamsの費用や各種ネットワークサービスの利用料、構築運用費などが必要になる。

関連キーワード

クラウドPBX / Microsoft Teams / NTTコミュニケーションズ

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、Microsoft Teamsを介して音声電話を使えるようにするサービスNTTコミュニケーションズは2020年3月17日、音声電話機能をクラウド型で提供する「Arcstar UCaaS」を強化し、Microsoft Teamsを介して電話が使えるようにするメニュー「Arcstar UCaaS 音声連携メニュー for Microsoft Teams」を追加した。既存の電話環境を使いながら、Teamsを介して内線発着信や代表電話への転送などができる。

PAGE TOP