コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ビジネス版LINE「LINE WORKS」が強化、コメントの引用返信やボイスメッセージが可能に

2020年4月21日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ワークスモバイルジャパンは2020年4月21日、ビジネス版LINE「LINE WORKS」をアップデートした。新版では、トーク(チャット)画面を強化し、特定のコメントにリプライを付けられるようにした。さらに、音声データを添付するボイスチャットが可能になった。また、ホーム画面に動画を載せられるようにした。

 LINE WORKSは、ビジネス版のLINE(チャットツール)である。今回のアップデートでは、トーク(チャット)画面を強化し、使い勝手を高めた。まず、特定のコメントにリプライを付けられるようにした(画面1)。特定のコメントを引用した返信を作成できるため、グループトークや、時間をおいて返信する場面でも、会話を見失うことなくコミュニケーションを図れる。

画面1:LINE WORKSをアップデートし、特定のコメントにリプライを付けられるようにした。特定のコメントを引用した返信を作成できる(出典:ワークスモバイルジャパン)画面1:LINE WORKSをアップデートし、特定のコメントにリプライを付けられるようにした。特定のコメントを引用した返信を作成できる(出典:ワークスモバイルジャパン)
拡大画像表示

 チャット画面ではさらに、音声データを録音してボイスメッセージとして添付できるようにした。返信のために文字を入力する時間がない場合や、スマートフォンでの文字入力が苦手な人でも、簡単にメッセージを送信できる。また、現場の音や声を相手に聞かせたい場合にも役立つ。素早くメモをとりたい場合に、自分へのボイスメモとしても使える。

 アップデートではさらに、ホーム画面への投稿本文に、動画を挿入できるようにした。閲覧者は、ストリーミング再生によって視聴できる。これにより、新人教育や業務マニュアルの動画、セミナーやイベントの動画などを、動画配信として社内で共有できるようになった。

 ホーム画面ではさらに、報告や記録に使えるテンプレート機能を用意した。業務日報、売上報告、発注/在庫報告、会議の議事録の共有、――などに利用できる。定型の情報を、記載内容を漏らすことなく投稿できる。対象者へのメンション機能も持つ。

 LINE WORKSは、共有ストレージの容量や機能の違いなどに応じて、4つのプランで構成する。月額契約または割安の年額契約から選択可能で、いずれも支払いは1カ月単位となる。価格は、「フリー」(無料)、「ライト」(1ユーザーあたり月額360円または年額3600円)、「ベーシック」(1ユーザーあたり月額600円または年額6000円)、「プレミアム」(1ユーザーあたり月額1200円または年額1万2000円)、――である。

関連キーワード

ワークスモバイルジャパン / LINE WORKS

関連記事

Special

-PR-

ビジネス版LINE「LINE WORKS」が強化、コメントの引用返信やボイスメッセージが可能にワークスモバイルジャパンは2020年4月21日、ビジネス版LINE「LINE WORKS」をアップデートした。新版では、トーク(チャット)画面を強化し、特定のコメントにリプライを付けられるようにした。さらに、音声データを添付するボイスチャットが可能になった。また、ホーム画面に動画を載せられるようにした。

PAGE TOP