コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

サテライトオフィス、 ビジネス版LINE「LINE WORKS」で使えるQ&Aチャットボットを提供

2020年4月22日(水)IT Leaders編集部

サテライトオフィスは2020年4月21日、ワークスモバイルジャパンがビジネス版LINEとして提供する「LINE WORKS」に対応した「サテライトオフィス・Q&Aチャットボット for LINE WORKS」の提供を開始した。同サービスにより、LINE WORKSにおいて社内の問い合わせに対するチャットボットの自動回答機能が利用可能になる。

 サテライトオフィス・Q&Aチャットボット for LINE WORKSは、社内のさまざまな問い合わせに対してチャットボットが自動的に回答するサービスである(図1)。LINE WORKSのトーク画面(PC/スマートフォン)から利用可能だ。自然言語での問い合わせに対応していて、チャットボットと会話する形式のQ&Aを提供できる。

図1:「サテライトオフィス・Q&Aチャットボット for LINE WORKS」の概要(出典:サテライトオフィス)図1:「サテライトオフィス・Q&Aチャットボット for LINE WORKS」の概要(出典:サテライトオフィス)
拡大画像表示

 Q&AのWebサイト自動作成機能を備えており、Webサイトを提供して、そこから質問をすることもできる。ナレッジを登録していくことで、担当者の問い合わせ対応のコストを低減でき、社内業務全体の円滑化を図れる。

 Q&A(質問・回答情報)登録機能、Q&Aのカテゴリー管理機能、参照回数/役に立った回数による自動スコアリング機能を備えている。カテゴリーからの絞り込みや、辞書機能によるシソーラス/あいまい検索にも対応する。

 なお、サテライトオフィスはLINE WORKS導入支援のなかで、LINE WORKSで利用可能なシングルサインオン機能、ワークフロー機能、掲示板/回覧板機能、ドキュメント管理機能、CRM機能、タイムカード/勤怠管理機能、安否確認機能などを無償/有償提供している。

関連キーワード

サテライトオフィス / LINE WORKS / チャットボット / ワークスモバイルジャパン

関連記事

Special

-PR-

サテライトオフィス、 ビジネス版LINE「LINE WORKS」で使えるQ&Aチャットボットを提供サテライトオフィスは2020年4月21日、ワークスモバイルジャパンがビジネス版LINEとして提供する「LINE WORKS」に対応した「サテライトオフィス・Q&Aチャットボット for LINE WORKS」の提供を開始した。同サービスにより、LINE WORKSにおいて社内の問い合わせに対するチャットボットの自動回答機能が利用可能になる。

PAGE TOP