[新製品・サービス]

N2i、顧客サポートをテレワークで行うシステム「イエナカCS」を開始

2020年5月19日(火)IT Leaders編集部

N2i(エヌツーアイ)は2020年5月18日、顧客サポートをテレワークで行うためのクラウドサービス「イエナカCS」を発表した。チャットを軸にチームによる円滑な顧客対応を可能にする。コールセンター、コンタクトセンター、ヘルプデスクなどのBCP対策を支援する。

 イエナカCSは、コールセンター、コンタクトセンター、ヘルプデスクにおけるカスタマサポート業務を、テレワーク環境で構築したい企業向けのシステムである。電話、メール、フォーム、チャットなどの各チャネルからの問い合わせを一元化し、カスタマサポートの業務フローをテレワーク環境で実行できるようにする。

 イエナカCSは、大規模災害や新型コロナウイルスといった感染症流行時のBCP対策として利用できる。また、エージェントの働き方をサポートするためにカスタマサポート体制をテレワーク環境で構築したい場合に活用できる。

 N2i独自のチャットシステムを軸にしている。テレワークでもシームレスにエスカレーションできる。エージェントが在宅勤務の際も、上司がリアルタイムに指導できる。社外の関係者をチャットに臨機応変に招待できるので、配送や旅行などの取次業務においても迅速に対応できる。

 例えば、以下のようなケースで活用できる。

  1. ECショップから商品が配送される際、購入者から配達に関する質問があった場合は、ドライバと荷主が連絡をしなければならない。しかし、電話連絡ではミスが起こりやすく、カスタマサポートの負担も大きい。チャットに移行することで、カスタマサポートの導線を簡素化し、関係者全員が履歴を追える環境を構築したい。
  2. 電気、ガス、水回りなど、生活にまつわるトラブルの問い合わせについて、ユーティリティサービスの提供事業者と住宅管理会社、居住者の3者をチャットでつないで解決したい。
  3. 納品した部品の返品受付や追加発注は、カスタマサポートが担当しているが、ルートセールスにも状況を共有する必要がある。カスタマサポートとセールスの双方に連絡が入る仕組みを構築したい。
関連キーワード

N2i / テレワーク / コールセンター / ヘルプデスク

関連記事

Special

-PR-

N2i、顧客サポートをテレワークで行うシステム「イエナカCS」を開始N2i(エヌツーアイ)は2020年5月18日、顧客サポートをテレワークで行うためのクラウドサービス「イエナカCS」を発表した。チャットを軸にチームによる円滑な顧客対応を可能にする。コールセンター、コンタクトセンター、ヘルプデスクなどのBCP対策を支援する。

PAGE TOP