コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[調査・レポート]

2021年以降、在宅勤務需要で国内UC/コラボレーション市場は堅調に成長―IDC Japan調べ

2019年~2024年の年間平均成長率は3.2%で推移

2020年5月19日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2020年5月19日、国内におけるユニファイド(統合)コミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の予測を発表した。2019年は前年比6.0%成長と堅調に推移した。2020年はCOVID-19の影響で一時的に成長が鈍化する。2021年以降は、在宅勤務需要の増加などによって、コラボレーティブワークスペース市場を中心に堅調に成長する。2019年~2024年の年間平均成長率は3.2%で推移する。

 2019年の、国内におけるユニファイド(統合)コミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場は、前年比成長率が6.0%、市場規模(売上額ベース)が3667億3200万円となった(図1)。2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR)は、3.2%で推移し、2024年には4299億2900万円になるとIDC Japanは予測している。

図1:国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測(2020年~2024年)(出典:IDC Japan)図1:国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測(2020年~2024年)(出典:IDC Japan)

 2019年は、働き方改革の進行や、予定していた東京2020オリンピック・パラリンピックのインバウンド需要増などの要因によって、企業音声基盤/コンタクトセンターの大型リプレース案件などがあり、堅調に推移した。

 2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって、一部の市場セグメントでマイナス成長になるとIDC Japanは予測している。一方、2021年以降は、在宅勤務需要の増加などによって、コラボレーティブワークスペース市場を中心に、堅調に成長するとIDC Japanは予測している。

 IDC Japanでは、「国内UC/コラボレーティブワークスペース市場が今後も成長していくためには、中小企業の在宅勤務促進に向けたクラウドサービス/サポートの提供が重要」としている。また、「AIによるコンタクトセンターやナレッジワーカーに対するインテリジェントサポートを訴求ポイントにした、新たなワークスペース提案方法を検討するべき」としている。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場予測、2020年~2024年』で詳細を報告している。本調査レポートは、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の2019年の実績と2020年~2024年の市場予測を提供している。

関連キーワード

IDC Japan / ユニファイドコミュニケーション

関連記事

Special

-PR-

2021年以降、在宅勤務需要で国内UC/コラボレーション市場は堅調に成長―IDC Japan調べIDC Japanは2020年5月19日、国内におけるユニファイド(統合)コミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場の予測を発表した。2019年は前年比6.0%成長と堅調に推移した。2020年はCOVID-19の影響で一時的に成長が鈍化する。2021年以降は、在宅勤務需要の増加などによって、コラボレーティブワークスペース市場を中心に堅調に成長する。2019年~2024年の年間平均成長率は3.2%で推移する。

PAGE TOP