[新製品・サービス]

NTTデータ、ユーザー体験に着目した「サービスデザイン」に注力、デザイナ集団「Tangity」を組織

現在550人のデザイナーを2020年度は700人に強化へ

2020年6月12日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2020年6月12日、会見を開き、システム構築において、ユーザー体験に着目した「サービスデザイン」に注力していることをアピールした。世界各国16のデザインスタジオのノウハウを共有している。2020年6月現在、サービスデザインのプロセスに関わるデザイナは、イタリアのNTT DATA Italyを中心にグループ全体で550人。2020年度中に700人のデザイナを獲得・育成するとしている。

 システム開発において、デザイン(design)は重要である(図1)。トレンド調査やビジネスモデルの設計といったビジネスデザインに始まり、サービスの構成要素やインタラクションを設計するサービスデザインや、UX/UIデザインなどのプロセスが後に続く。こうして設計したユーザー体験をフロントエンドに実装し、エンドユーザーからのニーズがあり、なおかつ使いやすいシステムが完成する。

図1:システム開発の各工程でデザインは重要である。ビジネスデザイン、サービスデザイン、UX/UIデザインなどのプロセスがある。NTTデータグループにはグローバルで550人のデザイナがいる(出典:NTTデータ)図1:システム開発の各工程でデザインは重要である。ビジネスデザイン、サービスデザイン、UX/UIデザインなどのプロセスがある。NTTデータグループにはグローバルで550人のデザイナがいる(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 NTTデータは、システム開発においてデザインを重視している。イタリアのグループ会社であるNTT DATA ItalyなどNTTデータグループ全体で550人(日本は約50人)のデザイナーがデザインのプロセスに従事している。2020年度中に、グループ全体で700人のデザイナーを獲得・育成するとしている。

 NTTデータグループのデザイナ集団を指す新ブランド「Tangity」も作った。実体があることを意味する「Tangible」が語源である。無形化・複雑化するデジタルビジネスについて、人にとって分かりやすく「手触り感」のあるものを作り上げていくことを意図している。なお、NTTデータでは、デザインのメソドロジ(方法論)を体系化している。まずはユーザーを理解し、アイデアを出し、素早く作って試す、といった具合である。

●Next:デザインの力で売上げを大幅に伸ばした伊Vodafone Italiaの事例

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

NTTデータ / Vodafone / サービスデザイン

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、ユーザー体験に着目した「サービスデザイン」に注力、デザイナ集団「Tangity」を組織NTTデータは2020年6月12日、会見を開き、システム構築において、ユーザー体験に着目した「サービスデザイン」に注力していることをアピールした。世界各国16のデザインスタジオのノウハウを共有している。2020年6月現在、サービスデザインのプロセスに関わるデザイナは、イタリアのNTT DATA Italyを中心にグループ全体で550人。2020年度中に700人のデザイナを獲得・育成するとしている。

PAGE TOP