[新製品・サービス]

日立、グローバル環境下で地域をまたいだIoTデータ活用を支援するサービス

各地域での回線接続とデータ収集・蓄積・活用を支援

2020年6月18日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2020年6月18日、グローバル環境下でIoTデータを活用する企業に向けた、IoTデータ活用サービス「Hitachi Global Data Integration」を発表した。グローバル環境下でIoTデータを活用する際の障壁を解消するとしている。各地域の通信回線を接続し、データを収集・蓄積し、データを活用する仕組みを一式提供する。2020年6月30日から販売し、2020年7月31日から提供する。価格(税別)は、標準サービス(回線接続、データ収集・蓄積、データ活用)の場合、初期費用が50万円、月額39万6000円。

 Hitachi Global Data Integrationは、グローバル環境下でIoTデータを活用する企業に向けた、IoTデータ活用サービスである(図1)。グローバル環境下でIoTデータを活用する際の障壁を解消する。各地域において通信回線を準備・管理するほか、データを収集・蓄積・活用するためのシステム環境を提供する。IoTデータを集めて活用するための一連の基盤機能を、サブスクリプションサービスの形態で提供する。

図1:「Hitachi Global Data Integration」の概要(出典:日立製作所)図1:「Hitachi Global Data Integration」の概要(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 背景には、各地域で稼働する製品や設備からデータを収集して活用することが難しい、という状況がある。地域ごとの通信回線の調査・契約、IoTデバイスの管理、データ収集・蓄積・活用のためのシステム基盤の構築や運用といった、様々な準備が各国の地域事情や法令などに即して必要になる。システム基盤にはデバイスやデータの増加に合わせた拡張性も求められる。

各地域での回線接続と、データ収集・蓄積・活用を支援

 標準サービスは、(1)国や地域を越えてIoT技術の利活用で必要となる回線管理を行う「回線接続サービス」、(2)グローバルにデータの収集と蓄積を行うクラウド型の「データ収集・蓄積サービス」、(3)データレイクに蓄積した稼働情報などを可視化する「データ利活用ソリューション」の3つで構成する。

 標準サービスの価格は、初期費用が50万円。サブスクリプション費用は、IoTデバイス200台までは一律で月額39万6000円。201台以上の場合は、201台以降につき1台あたり月額1980円が追加で必要。なお、サブスクリプション費用には、デバイスあたり1カ月10MBまでの通信料が含まれる。

 (1)の回線接続サービスでは、ユーザーが利用を検討する国の通信回線を、通信事業者の協力の下で一括提供し、回線の接続と管理を実施する。あらかじめ通信事業者向けのAPIを備えているため、国や地域を越えて一元的に回線を制御・管理できるとしている。例えば、本サービスを介して、海外に出荷した製品・設備のSIM回線を開通・停止したり、通信状態を管理したりできる。

 (2)のデータ収集・蓄積サービスでは、データの収集・蓄積のためのシステム基盤をクラウド型で提供する。ミドルウェアとして「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing」(HAF/EDC)を活用する。取り扱うデータ量の増減に応じて、処理スループットを増減させてデータ収集・蓄積を効率化する。また、他のシステムから連携するための外部連携APIを提供する。

 (3)のデータ利活用ソリューションでは、位置追跡や稼働監視、アラート管理など、収集データを活用する上で汎用的にニーズの高い機能を標準機能として提供する。海外に出荷済みの製品や設備の位置情報を地図データとマッピングして、地域ごとの圧力や温度などの機器の稼働状態をまとめて一覧表示・グラフ化できる。異常を検知してアラートを表示して迅速な保守対応を支援するといった使い方もできる。

コンサルや個別システム構築なども個別見積もりで提供

 標準サービスとは別に、コンサルティングや個別システム構築などのオプションサービスも、個別見積もりで提供する。(4)標準サービスをベースにユーザーの独自仕様で開発する「個別システムインテグレーションサービス」、(5)PoCから実運用まで、IoT事業の展開に関するコンサルティングを提供する「コンサルティングサービス」、(6)データを分析し、分析結果を基に提案を行う「データ分析サポートサービス」の3つを提供する。

関連キーワード

日立製作所

関連記事

Special

-PR-

日立、グローバル環境下で地域をまたいだIoTデータ活用を支援するサービス日立製作所は2020年6月18日、グローバル環境下でIoTデータを活用する企業に向けた、IoTデータ活用サービス「Hitachi Global Data Integration」を発表した。グローバル環境下でIoTデータを活用する際の障壁を解消するとしている。各地域の通信回線を接続し、データを収集・蓄積し、データを活用する仕組みを一式提供する。2020年6月30日から販売し、2020年7月31日から提供する。価格(税別)は、標準サービス(回線接続、データ収集・蓄積、データ活用)の場合、初期費用が50万円、月額39万6000円。

PAGE TOP