コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT Com、テレワーク向けにTeamsから会社の電話番号で発着信できるサービスを提供

2020年6月19日(金)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年6月18日、テレワークに対応した電話環境を構築する手段として、Microsoft Teamsでオフィスの電話番号で発着信できるサービスを開始すると発表した。具体的には、Teamsで外線通話を可能にするサービス「Direct Calling for Microsoft Teams」を強化し、オフィスの電話番号が使える「Arcstar IP Voice番号通知」機能を追加する。追加機能は、2020年7月末(予定)に開始する。Direct Callingのユーザーは無料で利用できる。

 前提となるのは、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「Direct Calling for Microsoft Teams」は、Microsoft Teamsから050番号を使った電話の発着信を可能にするサービスである。今回、新機能として「Arcstar IP Voice番号通知」機能を追加した。

 企業向けIP電話サービス「Arcstar IP Voice」とDirect Callingをあわせて利用することで、IP Voiceで利用する03や06などで始まる電話番号を、相手先に通知できる(図1)。同機能を利用することで、オフィスで利用中の電話番号をテレワークによる在宅勤務時にも使用できる。

図1:「Direct Calling for Microsoft Teams」に追加した「Arcstar IP Voice番号通知機能」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:「Direct Calling for Microsoft Teams」に追加した「Arcstar IP Voice番号通知機能」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 また、IP Voice側でDirect Callingへの転送設定を行うことによって、オフィスの電話番号にかかってきた電話を、Direct Callingで着信することもできる。これにより、オフィスで利用中の電話番号を、テレワーク環境でそのまま利用できる。

 BCP対策としても活用できる。普段はオフィスに出勤し、固定電話機を使って業務を行い、突発的な災害でオフィスの利用や通勤が困難になった場合に、速やかにテレワークへ移行できる。

 あらかじめオフィスの電話番号をDirect Callingの発信番号として登録しておき、有事の際には、オフィスにかかってきた電話をDirect Callingに転送する設定にすることで、テレワークに切り替えられる。転送設定はポータルサイトで簡単に行え、PBX(電話交換機)の工事などの作業は要らない。

 Direct Callingの価格(税別)は、ID当たり月額300円(別途通話料が必要)。別途、Teamsの契約とIP Voiceの利用料金が必要になる。

 背景には、自然災害やパンデミックへの対策としてテレワークの普及が進んでいる状況がある。この一方で、「テレワーク時にオフィスワークと同じ電話番号を利用できない」、「オフィスワークとテレワークを柔軟に切り替えることができない」といった課題がある。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / Teams / ビジネスチャット / テレワーク

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、テレワーク向けにTeamsから会社の電話番号で発着信できるサービスを提供NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年6月18日、テレワークに対応した電話環境を構築する手段として、Microsoft Teamsでオフィスの電話番号で発着信できるサービスを開始すると発表した。具体的には、Teamsで外線通話を可能にするサービス「Direct Calling for Microsoft Teams」を強化し、オフィスの電話番号が使える「Arcstar IP Voice番号通知」機能を追加する。追加機能は、2020年7月末(予定)に開始する。Direct Callingのユーザーは無料で利用できる。

PAGE TOP