[新製品・サービス]

日本オラクル、Oracle Cloud上でVMware環境を提供する「Oracle Cloud VMware Solution」を開始

2020年8月17日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2020年8月17日、Oracle Cloud上でVMware環境を提供するサービス「Oracle Cloud VMware Solution」の提供を開始したと発表した。オンプレミスのVMware環境と同等の環境をクラウドで提供する。ユーザー環境にOracle Cloudのリージョンを構築する「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を含む全リージョンで利用できる。米Oracleが2020年8月6日(米国現地時間に発表したプレスリリースの抄訳として国内で発表した。

 Oracle Cloud VMware Solutionは、パブリッククラウドであるOracle Cloudのベアメタルサーバー上でVMwareの仮想化ミドルウェアを動作させて提供するサービスである(関連記事VMware環境のOracleソフトを正式サポート、Oracle Cloudで稼働するVMware環境も販売)。ミドルウェアはVMware Cloud Foundationをベースとしており、VMware vSphere、NSX、vSANなどをフルスタックで提供する。

 ユーザー企業は、オンプレミスのVMware環境と同等の環境を、Oracle Cloudにも用意できる。状況に応じて、既存のオンプレミス環境とOracle Cloud環境の間で、業務システムのワークロードを柔軟に移行できる。VMware環境を現在使っているユーザーは、既存のソフトウェア、スキルセット、ツールを、そのままOracle Cloud VMware Solutionでも活用できる。

 サーバーは、最小構成3ノード(156コア)からスタートできる。1クラスタあたり最大64ノードまで拡張できるほか、同一の環境で複数のクラスタを稼働できる。利用環境として、すべての商用リージョンと、ユーザー環境にOracle Cloudのリージョンを構築するOracle Dedicated Region Cloud@Customerで利用できる。

関連キーワード

Oracle Cloud VMware Solution / Oracle / VMware

関連記事

Special

-PR-

日本オラクル、Oracle Cloud上でVMware環境を提供する「Oracle Cloud VMware Solution」を開始日本オラクルは2020年8月17日、Oracle Cloud上でVMware環境を提供するサービス「Oracle Cloud VMware Solution」の提供を開始したと発表した。オンプレミスのVMware環境と同等の環境をクラウドで提供する。ユーザー環境にOracle Cloudのリージョンを構築する「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を含む全リージョンで利用できる。米Oracleが2020年8月6日(米国現地時間に発表したプレスリリースの抄訳として国内で発表した。

PAGE TOP