[事例ニュース]

トヨタ自動車がAWSとの提携を拡大、車両ビッグデータをグループ各社で活用できる基盤を構築

2020年8月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トヨタ自動車は2020年8月18日、同社の「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、米Amazon Web Services(AWS)とグローバルでの業務提携を拡大すると発表した。AWSが提供する各種のサービスを活用することが目的である。

 トヨタ自動車は、コネクティッドカーの普及にともない、MSPFとAPIを介してコネクティッドカーから収集した車両データを、車両の設計開発にフィードバックしている。また、カーシェアやライドシェアなどのサービスや、車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険など、車両データを活用したモビリティサービスを提供している。

 今回、AWSとの提携を拡大する。AWSのサービス群を活用することで、将来のトランザクションの増加に備えるとともに、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する。また、包括契約の適用範囲をトヨタグループ全体に広げ、車両ビッグデータをグループ各社で活用できる基盤を構築する。

 トヨタ自動車は、「AWSとの提携拡大によってビッグデータ基盤を強化していくことは、CASE(Connected=コネクティッド、Autonomous=自動化、Shared=シェアリング、Electric=電動化)時代の強みになる。AWSを利用することで、トヨタ自動車はグループ全体の改革を迅速に実現できる」という旨のコメントをしている。

関連キーワード

トヨタ自動車 / AWS / 協業・提携

関連記事

Special

-PR-

トヨタ自動車がAWSとの提携を拡大、車両ビッグデータをグループ各社で活用できる基盤を構築トヨタ自動車は2020年8月18日、同社の「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、米Amazon Web Services(AWS)とグローバルでの業務提携を拡大すると発表した。AWSが提供する各種のサービスを活用することが目的である。

PAGE TOP