[事例ニュース]

みずほ銀行、タブレット入力だけで窓口を介さずに入出金や振込が完結、全国の営業店に順次導入

2020年10月14日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

みずほ銀行は、営業店で顧客がタブレットから直接、入金や出金、振込、口座開設、住所変更などの手続きが行えるシステムを導入した。2020年10月から全国348店舗に順次展開する。タブレットをサブスクリプション型で提供する富士通と、保守サービスを提供するバンキングチャネルソリューションズが同年10月14日に発表した。

 みずほ銀行は2020年10月から、全国の営業店で、顧客がタブレットから直接、入金や出金、振込、口座開設、住所変更などの手続きが行えるようにする。

 勘定系システム「MINORI」に対して、タブレットから直接オンライン接続する仕組みである。これにより、来店した個人の顧客は、申込書への記入などを行うことなく、タブレットへの入力だけで取引を完結できるようになる。

 これに対して従来は、顧客がタブレットに入力した内容を営業店の職員が紙伝票に印刷し、QRコードを営業店端末に読み込ませる、という一連の手続きによって、事務処理を行っていた。

 新システムでは、本人確認手続きもタブレットで完結する。タブレット搭載カメラで本人確認書類を読み込み、スマートフォンの生体認証機能と連携する。これにより、窓口で本人を確認することなく手続きを完了できる。

 なお、みずほ銀行は2014年から、営業店にタブレットを導入し、顧客サービスの向上や事務手続きの改善に取り組んできた。今回、さらに顧客の利便性と満足度を高めるため、新たに約3000台のタブレットを導入し、顧客のタブレット操作だけで手続きが完結するシステムを構築した。

関連キーワード

みずほ銀行 / 富士通 / バンキングチャネルソリューションズ / みずほフィナンシャルグループ / タブレット

関連記事

Special

-PR-

みずほ銀行、タブレット入力だけで窓口を介さずに入出金や振込が完結、全国の営業店に順次導入みずほ銀行は、営業店で顧客がタブレットから直接、入金や出金、振込、口座開設、住所変更などの手続きが行えるシステムを導入した。2020年10月から全国348店舗に順次展開する。タブレットをサブスクリプション型で提供する富士通と、保守サービスを提供するバンキングチャネルソリューションズが同年10月14日に発表した。

PAGE TOP