[新製品・サービス]

IoT機器のシリアル接続を無線化するアダプタ、ラトックシステムがHIDキーボード入力モデル

2021年1月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ラトックシステムは2021年1月26日、RS-232C機器からWindows PCやスマートフォンに直接データを入力できるBluetooth RS-232C変換アダプタ「REX-BT60HID」を発表した。2021年1月下旬から出荷する。価格(税別)は、2万4000円。

写真1:REX-BT60HIDの外観写真1:REX-BT60HIDの外観
拡大画像表示

 REX-BT60HID(写真1)は、RS-232Cインタフェースを備えたシリアル通信装置に接続し、RS-232C経由で取得したデータをBluetooth経由でキーボードイベントとして出力するRS-232Cアダプタである。Windowsパソコンなどのホスト側を拡張することなく、無線でRS-232C機器を接続できる。

 既存のベースモデル「REX-BT60」は、キャラクタコード(ASCII)を出力するアダプタだった。これに対して、今回追加したモデル「REX-BT60HID」は、HIDキーボードデータを出力できる。1度に入力通信可能なデータは、60バイト程度である。

 RS-232C機器とBluetoothで接続するだけで、Excelやメモ帳などのアプリケーションにキーボード入力として直接データを取り込める。例えば、電子天秤にREX-BT60HIDを接続することで、天秤に載せたモノの重さをキーボード入力としてExcelファイルに記載する、といった使い方ができる(図1)。

図1:RS-232C機器とBluetoothで接続するだけで、Excelやメモ帳などのアプリケーションにキーボード入力として直接データを取り込める(出典:ラトックシステム)図1:RS-232C機器とBluetoothで接続するだけで、Excelやメモ帳などのアプリケーションにキーボード入力として直接データを取り込める(出典:ラトックシステム)
拡大画像表示

 動作電源は、添付のACアダプタ(L字コネクタ採用)またはD-Subの9番端子で供給する。接続する機器や環境によって給電方法を変更できる。また、ACアダプタを接続した状態でDIPスイッチを切り替えることで、外部に電源を供給する使い方もできる(DC5V/1.0A程度の供給が可能)。

関連キーワード

ラトックシステム / RS-232C

関連記事

Special

-PR-

IoT機器のシリアル接続を無線化するアダプタ、ラトックシステムがHIDキーボード入力モデルラトックシステムは2021年1月26日、RS-232C機器からWindows PCやスマートフォンに直接データを入力できるBluetooth RS-232C変換アダプタ「REX-BT60HID」を発表した。2021年1月下旬から出荷する。価格(税別)は、2万4000円。

PAGE TOP