[新製品・サービス]

オンライン商談を音声認識でテキスト化して分析、東芝デジタルソリューションズがサービス提供

2021年2月2日(火)IT Leaders編集部

東芝デジタルソリューションズは2021年2月1日、Web会議システムを用いたオンライン商談の内容を音声認識によってテキスト化して分析するクラウドサービス「RECAIUS セールスコミュニケーションプラス」を発表した。同日販売を開始した。営業担当者のスキルアップなどを支援する。利用料金は、1カ月ごとの音声認識時間で課金する。価格(税別)は、1カ月1000時間までで月額30万円から。別途初期費用が必要。

 「RECAIUS セールスコミュニケーションプラス」は、Web会議システムを用いたオンライン商談の内容を、音声認識によってテキスト化して分析するクラウドサービスである(画面1)。Windowsのマイク/スピーカ音声をクラウドに自動でアップロードして音声認識/分析する仕組み。ZoomやTeamsなど、Web会議システムの種類を問わずに利用できる。

画面1:音声を認識して商談内容を見える化する(出典:東芝デジタルソリューションズ)画面1:音声を認識して商談内容を見える化する(出典:東芝デジタルソリューションズ)
拡大画像表示

 クラウド上では、テキストと音声の両形式で商談の内容を記録できる。商談の中で出てきた特徴のある単語を指定して、振り返りたいところを頭出しする使い方ができる。これにより、商談を容易に振り返ることができる。

 商談内容を分析する機能も備える。発話率、話速、口癖など複数の観点から、定量的に評価してビジュアル化する(画面2)。営業担当者みずからトーク内容を視覚的に振り返ることができるので、営業スキルを自発的に高められる。

画面2:発話率、話速、口癖など複数の観点で商談を分析する(出典:東芝デジタルソリューションズ)画面2:発話率、話速、口癖など複数の観点で商談を分析する(出典:東芝デジタルソリューションズ)
拡大画像表示

 複数の営業担当者の商談分析を比較できる。成果につながった具体的な商談の事例をチーム内で共有できる。トップセールスのスキルを属人化することなく、チーム全体の営業力強化を図ることができる。営業マネージャが担当者ごとのトークの特徴を把握することで、チーム全体としての能力強化や弱点克服に向けた営業力強化の指標として活用できる。

 背景には、コロナ禍を背景に、Web会議システムを活用した商談(オンライン商談)が広がっている事情がある。オンライン商談は「場所を選ばず時間を有効に使える」、「録画を残しやすい」といったメリットがある一方で、「商談の過程や、営業担当者の育成状況が見えにくい」課題や、「同行者が無く商談の進め方に不安が残る」課題がある。

関連キーワード

東芝デジタルソリューションズ / Web会議システム

関連記事

Special

-PR-

オンライン商談を音声認識でテキスト化して分析、東芝デジタルソリューションズがサービス提供東芝デジタルソリューションズは2021年2月1日、Web会議システムを用いたオンライン商談の内容を音声認識によってテキスト化して分析するクラウドサービス「RECAIUS セールスコミュニケーションプラス」を発表した。同日販売を開始した。営業担当者のスキルアップなどを支援する。利用料金は、1カ月ごとの音声認識時間で課金する。価格(税別)は、1カ月1000時間までで月額30万円から。別途初期費用が必要。

PAGE TOP