[事例ニュース]

I-PEX、グローバル21社の基幹システムを2022年にSAP ERPからS/4HANA Cloudに移行

MESもSAP Digital Manufacturing Cloudに刷新

2021年3月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

I-PEX(旧社名:第一精工)が、現在運用中のSAP ERPをSAP S/4HANA Cloudに移行する。これに合わせ、MES(製造実行システム)も、現行システムからSAP Digital Manufacturing Cloudに刷新する。いずれも2022年初めの稼働開始を目指す。SAPジャパンが2021年3月9日に開催した発表会に登壇して取り組みを紹介した。

 I-PEX(旧社名:第一精工)は、京都府京都市に本社を置く電子部品、自動車部品、精密部品のメーカーである。2010年4月から国内外拠点と連結子会社を含む21社の基幹システムとして「SAP ERP」を稼働させている。グローバルで1つのインスタンスを使い、ビジネスプロセスを統一して運用している。

 現在運用中のSAP ERPを、現行バージョンの「SAP S/4HANA Cloud」に移行する。2022年初めの稼働開始を目指している。図1は、I-PEXが2027年のSAP ERPの保守期限を待たずにERPを現行バージョンに移行する理由をまとめたもの。そのうちの1つは、データモデルを、よりシンプル化できることである。

図1:I-PEXがSAP ERPをSAP S/4HANA Cloudに移行する主な理由(出典:I-PEX)図1:I-PEXがSAP ERPをSAP S/4HANA Cloudに移行する主な理由(出典:I-PEX)
拡大画像表示

 知識や技術の伝承も移行理由の1つとして挙げている。「SAP ERPの導入プロジェクトから10年以上が経過していることから、新たなERP移行プロジェクト経験を通じて、知識や技術の伝承を図る必要がある」(同社)

 新システムの稼働インフラをクラウドとすることで、トラブル発生時のベンダーとのやり取りも減らせる見通しだ。I-PEXによると、従来はSAPジャパン、インフラベンダー、アプリケーション運用保守ベンダーの3者が分離していたため、トラブル発生時に各ベンダーと個別に連絡・相談しなければならなかったという。

 今回の移行ではまず、移行先であるS/4HANA Cloudのインフラとして、プライベートクラウドを選択。「SAP S/4HANA Cloud PCE(プライベートクラウドエディション)」を使う。その後、いずれはパブリッククラウドに移行する予定である。

●Next:I-PEXのプロジェクト統括責任者が語ったクラウド移行の動機

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

I-PEX / SAP / S/4HANA Cloud / SAP2027年問題 / 製造 / レガシーマイグレーション / 京都府 / MES / SAP HANA Cloud

関連記事

Special

-PR-

I-PEX、グローバル21社の基幹システムを2022年にSAP ERPからS/4HANA Cloudに移行I-PEX(旧社名:第一精工)が、現在運用中のSAP ERPをSAP S/4HANA Cloudに移行する。これに合わせ、MES(製造実行システム)も、現行システムからSAP Digital Manufacturing Cloudに刷新する。いずれも2022年初めの稼働開始を目指す。SAPジャパンが2021年3月9日に開催した発表会に登壇して取り組みを紹介した。

PAGE TOP