[新製品・サービス]

NTT Com、IoTデバイスとクラウドをつなぐデータ転送ゲートウェイサービス

負荷の高い暗号化通信を携帯電話網で代替

2021年4月6日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズは2021年4月6日、IoTデバイスが生成するデータをクラウドサービスで収集するためのデータ転送ゲートウェイサービス「IoT Connect Gateway」を提供開始した。IoTデバイスを携帯電話網で接続することで、IoTデバイスに暗号化通信の負荷をかけずにデータを収集する。利用料金は月間のデータ利用量に応じた段階制で、要問い合わせ。

 NTTコミュニケーションズの「IoT Connect Gateway」は、IoTデバイスが生成するデータをクラウドサービスで収集するためのデータ転送ゲートウェイサービスである(図1)。IoTデバイスとクラウドサービスの間に入り、これらの間のデータ転送を仲介する。ゲートウェイ上では、平文のプロトコルを暗号化プロトコルに変換するほか、IoTデータを収集・格納するクラウドサービスへの接続コネクタ機能を提供する。

図1:「IoT Connect Gateway」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:「IoT Connect Gateway」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 主な特徴は、IoTデバイスとゲートウェイ(IoT Connect Gateway)との間を、携帯電話網で直接つなぐことである。インターネットを介在させずにデータを吸い上げられるため、IoTデバイスは暗号化プロトコル(HTTPSやMQTTS)を使う必要がなく、平文プロトコルのHTTPやMQTTでのデータ転送を可能にする。

 IoTデバイス側で暗号化通信のための処理を行う必要がないため、高い処理能力を持たないIoTデバイスでもデータ送信端末として利用できる。安全な通信を実現しながらIoTデバイスのコストを削減する。暗号化プロトコルのオーバーヘッドが発生しないため、データ通信容量を抑えて通信コストの削減も図る。

 ゲートウェイ上では、特定のクラウドサービスに接続するためのアダプタ機能も提供する。クラウドサービスに接続するためのツールのインストールやパスワード設定などを、個々のIoTデバイスに対して施す必要がなくなる。デバイス数が多ければ多いほど、これらのデバイス管理コストを削減できる。

 今後、プロトコル変換対象のプロトコルを拡充する。さらに、クラウドアダプタ機能によって接続できるクラウドサービスを拡充する。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / MQTT / ゲートウェイ

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、IoTデバイスとクラウドをつなぐデータ転送ゲートウェイサービスNTTコミュニケーションズは2021年4月6日、IoTデバイスが生成するデータをクラウドサービスで収集するためのデータ転送ゲートウェイサービス「IoT Connect Gateway」を提供開始した。IoTデバイスを携帯電話網で接続することで、IoTデバイスに暗号化通信の負荷をかけずにデータを収集する。利用料金は月間のデータ利用量に応じた段階制で、要問い合わせ。

PAGE TOP