[新製品・サービス]

NSSOL、基幹システム向けのマネージドIaaS「absonne」を強化、高速SANストレージ採用

2021年4月20日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2021年4月20日、主に基幹システムの稼働環境として、マネージドサービスの形態で提供するIaaS「bsonne(アブソンヌ)」を強化した。アーキテクチャを刷新した新サービスとして、新たなabsonneを2021年5月14日から提供する。新たなabsonneでは例えば、ハイエンドストレージ「Dell EMC PowerMax」を採用して業務システムの可用性を高めている。

 「absonne」は、主に基幹システムの稼働環境として、日鉄ソリューションズ(NSSOL)が2007年から提供しているマネージドサービス型IaaSである。オンプレミス環境から基幹システムを“そのまま”および“まるごと”移行できる仕組みを特徴としている(図1)。

 NSSOLは今回、absonneのアーキテクチャを刷新しサービスをリニューアルした。新たなabsonneでは、オンプレミス環境から基幹システムを移行できる仕組みを継続しつつ、利用できるIaaSのリソースを拡充するなど、オンプレミス環境と比べて劣った部分がないインフラ基盤を構築できるとしている。

画面1:absonneの全体構成(出典:日鉄ソリューションズ)
拡大画像表示

 例えば、ストレージには、ハイエンドストレージ「Dell EMC PowerMax」を採用した(関連記事Dell EMC、NVMe採用の高速SANストレージ「PowerMax」、データ配置に機械学習も採用)。これにより、定期メンテナンスや障害時において、ユーザーが利用している業務システムへの影響を極小化している。可用性については、東西2拠点のデータセンターを利用してBCP(事業継続計画)を実現するサービスを提供する。

 ネットワークに関しては、ユーザーが自由にネットワークセグメントを作成できるようにするなど、セルフサービスで運用できる範囲を拡大した。ネットワーク仮想化ミドルウェアは、VMware NSX-T Data Center環境とCisco ACI環境の2つの環境から選択できる。

 このほか、各種のネットワーク機能、性能保証モデルのブロックストレージ、オブジェクトストレージなど、各種のラインアップからリソースを選んで利用できる。インライン型のWebアプリケーションファイアウォールも、ユーザー資産を持ち込んで利用できる。

関連キーワード

日鉄ソリューションズ / absonne / 基幹システム / IaaS / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

NSSOL、基幹システム向けのマネージドIaaS「absonne」を強化、高速SANストレージ採用日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2021年4月20日、主に基幹システムの稼働環境として、マネージドサービスの形態で提供するIaaS「bsonne(アブソンヌ)」を強化した。アーキテクチャを刷新した新サービスとして、新たなabsonneを2021年5月14日から提供する。新たなabsonneでは例えば、ハイエンドストレージ「Dell EMC PowerMax」を採用して業務システムの可用性を高めている。

PAGE TOP